PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

GLM(京都EVベンチャー)とテスラの戦略の違いについて

EVベンチャーのGLMとテスラの戦略の違いが東洋経済に




京大発EVベンチャーGLMが想定価格4000万円の超高級EVスポーツカー「GLM G4」を日本初公開した
電気自動車(EV)開発・販売ベンチャーGLMが、大勝負に打って出ようとしている。同社は4月18日、想定価格4000万円の超高級スポーツカー「GLM G4」を2019年にも発売すると発表した。
GLM G4 京都EVベンチャー

GLMは京都大学の大学院生だった小間裕康社長が、京都大学のプロジェクトを母体に2010年に設立したベンチャーで、今年で設立8年目を迎える。

開発陣は、かつてトヨタ自動車でレクサスの車台設計担当をした藤墳裕次技術本部長を中心に、自動車メーカーや部品メーカーの出身者ら15人で構成される。

狙うのは「和製テスラ」ではない


小間裕康社長は「世界がEVにシフトしていく流れは、我々にとっても間違いなく追い風だ」と意気込む
EVベンチャーと言われて今や誰もが思い浮かべるのが米テスラだ。テスラの創業者兼CEOのイーロン・マスク氏は、化石燃料に依存しない社会の実現のため、2003年の設立時から一貫して「EVを普及させる」という使命を掲げる。

そのため、1300万円の高額EVスポーツカーで稼いだ資金をもとに、セダンやSUVへとラインナップを増やしながら、生産能力を拡大してきた。

さらに、2017年夏には従来よりも廉価なEV「モデル3」(400万円から)の大量生産を計画。これに伴いテスラは、小規模のラグジュアリーブランドから、大手自動車メーカーとも伍する普及価格車のメーカーへという転換期に差し掛かっている。

GLMは、2015年10月に日本初のEVスポーツカー「トミーカイラZZ」(税抜き800万円)の量産化を成功させた際、「和製テスラ」と呼ばれることもあった。
だが、両社の目指すものはまったく異なる。

テスラが徐々に客層の裾野を広げるのとは対照的に、GLMは2車種目に販売するG4を想定価格4000万円と超高額に設定した。これは、1車種目に投入した「トミーカイラZZ」の約5倍の価格であり、テスラ「モデル3」の10倍に値する価格だ。

安く車を造ることを目的とするのであれば、大手の自動車メーカーのように巨大な設備投資を行い、車を大量生産することでコストを下げるという戦略をとる。だが、ベンチャー企業が大手の自動車メーカーと同じ戦略をとっても、かなうはずがない。

GLMは、大手メーカーの造る車のような誰もが安心して乗れる車ではなく、車好きの人が運転を楽しむための、どこかが尖った車を造ることを使命とする。

「テスラは大手と変わらない車造りへ近づきつつある。僕たちはそこを目指していない」(藤墳技術本部長)。

GLMの車は万人受けする車ではないため、生産規模は少量にとどまる。少量生産で事業を回していくには、車の価格はプレミアムに設定せざるを得ない。

2019年の量産化に向けて開発が進められているG4は、1000台の販売を目標とする。目標通りに販売できれば、同車だけで400億円程度を売り上げることとなり、これをもって2020年度の単年度での黒字化を達成できると見込んでいる。

EVの開発請負は、もう1つの事業柱となるか


「GLM G4」にはコストダウンが進んでいない新開発の部品を多く採用する
とはいえ、テスラのように量産規模の拡大を目指していないだけに、EVの販売だけで事業拡大は見込みづらい。

そこでEV販売と並ぶ事業柱への成長を期待しているのが、EVの基幹部品をパッケージ化して他社に販売し、EV開発を請け負う「プラットホーム事業」だ。

今、自動車業界では世界中でEV化の波が押し寄せている。そうした中で、「新たに自動車産業に参入しようとする中国やアジアの電気メーカーやIT企業から、毎週のようにEVを開発したいという問い合わせを受けている」(藤墳技術本部長)。

GLMはすでに安川電機やオムロン、GSユアサや三菱商事などが出資するリチウムエナジージャパンなどと部品調達の面で協力関係を築いている。EVに新規参入する企業にとっては、GLMの持つ部品メーカーとのネットワークを活用できるといううまみがある。

国内外で数多くのEVベンチャーが生まれては消えていった。GLMは稼げるEVビジネスを構築できるか。今後の飛躍は同社自らがEV開発のプラットフォームになれるかにかかっている。



成る程です。
テスラがコストダウンしてよりマスを狙うのに対して、
GLMは真逆の高級ニッチターゲットを狙うんですね。
テスラとGLMの違い
さて上手く行くでしょうか、日本代表として頑張ってほしいものです。

GLM G4 京都

➡︎◻︎GLIM G4とは


➡︎◻︎GLIM グリーンロードモータースとは
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する