PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

次期アウトランダーは2019年発売、しかも日産共通モジュール採用?!

次期アウトランダーPHEVを想像する際に
非常に不安になるニュースがありました





日産、新設計手法の成果さらに刈り取りへ。中型車で採用拡大
日産コモンモジュールファミリー

クルマ新時代ー変わる競争軸
22年度に190万台超を目指す。三菱自「アウトランダー」で加わる

 日産自動車は新設計手法「コモン・モジュール・ファミリー(CMF)」を採用する中型車について、2022年までに年産台数を現在比2割増の190万台超に引き上げる。日産、仏ルノーが対象車種を増やし、三菱自動車も加わる。設計・調達コスト削減とともに商品力を底上げし、3社連合で世界シェアを上げる。

 CMFは日産とルノーが開発した設計手法。エンジンルーム周辺やボディー下部の前・後部など五つのモジュールに分けて開発・組み合わせ、小型から中型車までさまざまな車種を効率良く開発する。設計コストは40%減、調達コストは30%減が見込めるという。

 日産は13年にCMFを多目的スポーツ車(SUV)「エクストレイル」を皮切りに、SUV「キャシュカイ」にも採用した。CMFは車格ごとに3タイプあり、CMF―C/DはSUVやミニバンなどの中型車向け。日産とルノーのCMF―C/Dを採用した車両の年間生産台数は、16年で160万台だった。

 19年にもCMF―C/Dを、三菱自がSUV「アウトランダー」の新型車で適用する見通し。日産やルノーも採用車種を増やす。これにより日本と中国、韓国では日産とルノーと三菱自、英国やフランスなどの欧州は日産とルノー、米国は日産が同手法による中型車を生産する形となる。
次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept

 トヨタ自動車や独フォルクスワーゲン(VW)など年間販売1000万台超の自動車メーカーは、モジュール開発を推進している。 トヨタは20年頃までに新設計手法「TNGA」を世界販売台数の半数に導入する計画。日産も1000万台体制に向け開発・生産基盤を固める。




次期アウトランダーは2019年発売という事でしょうか、
となるとアウトランダーPHEVも2018年ではなく2019年という事か?

三菱開発陣にとって次期アウトランダーが作り易く、
今までのノウハウや知見が活きればいいですが
その逆だったらと心配になります。

果たして?⁉
日産コモンモジュールファミリー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する