FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱自動車「キッザニア東京」のパビリオンを、リニューアルオープン。だとか

三菱がキッザニアにパビリオンを出していることから、
知りませんでしたが、
今回リニューアルだそうです。



三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:益子修 以下、三菱自動車)とKCJ GROUP株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:住谷栄之資 以下、KCJ GROUP)は、こども向け職業・社会体験施設「キッザニア東京」の「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」の両パビリオンを、6月30日にリニューアルオープンします。

キッザニア東京 三菱自動車
従来 アウトランダーPHEVに充電できる
キッザニア東京 三菱自動車
リニューアル

「運転免許試験場」では、新たにドライビングシミュレーターを導入。楽しみながら、安全な運転方法や交通ルールを身につける教習を受けられます。「カーデザインスタジオ」では、より創造力をかきたてるデザインオフィスのイメージに改装したスペースで、三菱自動車でも実際に使用している粘土を使って自動車の形をデザインする仕事を体験できます。



三菱自動車は、こども達に自動車の運転や自動車業界に興味を持ってもらったり、自動車の社会的役割を知ってもらったりすることを目的に、2006年10月に「キッザニア東京」、2009年3月に「キッザニア甲子園」にパビリオンを出展しています。自動車本来の魅力や楽しさ、走る喜びを感じてもらうだけでなく、社会生活の中で必要な協調性や積極性、コミュニケーション能力など生きる力を身につけることを期待しています。




<運転免許試験場>

ドライビングシミュレーターを体験しながら、交通標識や交通安全、運転中のマナーなどを覚えることができます。A・B・Cの3コースで挑戦でき、Aコースを修了すると運転免許証が発行されます。Bコースは緊急車両の対応も学びつつ運転技術が磨け、Cコースは高速道路とトンネルを走る練習をしながら、景色を楽しむことができます。



<カーデザインスタジオ>

クリエイティブなオフィスの中で、デザイン画を見ながら粘土を使って自動車のモデルをつくる仕事を体験できます。さまざまな情報をもとに、協力しながら形にしていくことで、チームワークの大切さを学び、想像力や発想力を高めることができます。





こどもの教育としてのキッザニア自体には共感しますが、
これは大人体験をすることでの「クルマ」への興味関心を高める効果は
あるでしょうが、三菱のイメージ形成効果は
親を含んでも低いような気がします。
うーん、このパビリオン出展はトヨタがやるべきことかもしれません。

三菱のCSRは全国スターキャンプツアーがいいのかも。



三菱スターキャンプ2017


➡︎◻︎今年のスターキャンプは2会場
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する