PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ノートe-POWERは、EVに進化できるが、プリウスPHVは、EVに進化出来ない理由

ガソリンで走る電動車両でヒットとなった、日産「ノートe-POWER」
鳴り物入りで発売した、トヨタ新型「プリウスPHV」
電動車両としての面白い比較があったので紹介します。


日産「ノート e-POWER」のキャッチフレーズが気になっている。「充電を気にすることなく、どこまでも走れる」「電気自動車のまったく新しいカタチ」。電気自動車(EV)の大きな弱点は航続距離が短いことだから、「どこまでも走れる」EVなら、こんな素晴らしいことはないのだが。

日産 e-power ノート


日産「ノート」が2016年11月、日産車としては30年ぶりに車名別月間新車販売台数で首位に立った。前年同月比2.4倍という大躍進。その原動力は新たに追加された「ノート e-POWER」。

「ノート e-POWER」は本当に「どこまでも走れるEV」なのか。結論を先に言えば、これは、「シリーズハイブリッド車(シリーズHV)」であり、EVと呼ぶには無理がある。

ハイブリッド車には、大きく分けて「シリーズ」、「パラレル」の2方式がある。どちらもガソリンエンジンと電気モーターの両方を搭載しているのだが、その役割分担が大きく異なる。

「シリーズ」方式では、エンジンは発電機を回して電気をモーターに供給するだけであり、車輪を駆動するのはモーターだけ。だから、走行感覚はEVそのものだ。対する「パラレル」方式では、ガソリンエンジンと電気モーターが同時に並列して(パラレルに)車輪を駆動する。
日産e-power EVとの比較 新型ノート

「ノート e-POWER」は「シリーズ」方式。確かに、モーターだけで走るのだが、そのモーターに電気を供給するガソリンエンジンがなければ走れない。従って、現状のままではEVとは呼べないが、EVに進化する素質は十分。実際、日産はそのつもりではないかと思う。

そのやり方はこうだ。「e-POWER」のバッテリーの容量を大きくして外部から充電できるようにすれば「シリーズ型」のプラグインハイブリッド車(PHEV)になる。その実例は、GMの「シボレーVolt」で、蓄電池に蓄えた電気だけで(エンジンを回さないで)85kmも走れる。


そこから、バッテリーをさらに大きくして発電用のエンジンを降ろしてしまえばそのままEVになる。つまり、「ノート e-POWER」➡「ノートPHEV」➡「ノートEV」という進化だ。


新型プリウスPHV

一方、「パラレル」型の代表はトヨタの「プリウス」。通常走行はエンジンだけで行い、追加馬力の必要なときにはモーターが加わり、両者が協調して車輪を駆動する。発進の時にはバッテリーだけで数km走れるので「シリーズ」的な面も持つ複合型だが、筆者は、「パラレル」タイプの一種と見ている。

「プリウス」を一歩EVに近づけた(近づけようとしている)のが「プリウスPHV」(トヨタではPHEVではなくPHVと称している)。EV走行(バッテリーのみによる走行)距離は60km以上だ(第2世代車)。

しかし、「プリウスPHV」を、その先の「プリウスEV」にまで進化させることには無理がある。「プリウス」はそれ自体が一つの完成形であり、EVへと進化する前提でつくられていないからだ。そのため、PHV化した段階ですでに矛盾が現れている。

具体的に言えば、エンジンとモーターの両方で最大出力を発揮する構造の「プリウス」方式では、モーターだけで走るEV走行時には出力が半減してしまうという弱点を抱えているのだ。

話を「e-POWER」に戻す。結論としては、現状では「EV候補生」というところで、このままではカリフォルニアの新基準による「エコカー」に該当しない。しかし、次のステップである「e-POWER PHEV」に進化すれば、立派に「エコカー」として認められることになる。
➡︎◻︎元記事に



両社の電動車両の開発思想に大きな違いがあるようです。
EVから電動車両を考えてきた日産、三菱グループが、
将来トヨタに一矢報いる時代が来るかもしれません。

2016新型プリウスPHV デュアルモータードライブ
新型プリウスPHVは、EV走行を強化するため、
発電用モーターのジェネレーターを、駆動用にも
使うデュアルモータードライブを採用した。
➡︎◻︎新型プリウスPHV2017 EV走行モードについて

日産 ノートe-POWER

➡︎◻︎充電できないEV「ノートe-POWER」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する