PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

モデルチェンジ後、終盤になってからも話題作りが上手いトヨタ、ハリアーターボ発売

トヨタ ハリアーにターボモデルが追加。




「WILD BUT FORMAL」のキャッチコピーで知られる高級クロスオーバーSUVのパイオニア、トヨタハリアー。国内専用車として2013年11月にデビューした現行3代目としては初のマイナーチェンジが実施された。トヨタハリアー
今回のマイナーチェンジ最大の目玉は、231馬力/35.7kg-mを発する2リッター直4直噴ターボエンジン「8AR-FTS」搭載モデルが追加されたこと。 ツインスクロールターボチャージャーと、可変角を拡大した「デュアルVVT-i(吸気側VVT-iW)」を組み合わせるとともに、ターボエンジン用に制御を変更した直噴機構「D-4ST」を採用し、1650rpmから4000rpmまで最大トルクの35-7kgmを発生。


新型ハリアー ターボ2017 モデリスタ
(写真はモデリスタカスタム仕様)

また、マニュアルモード付きの6速ATを搭載し、加速性能を高めている。 さらに、ターボ車専用装備として、前後にパフォーマンスダンパーを装着してロール剛性を高めたほか、走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加した。トヨタハリアー


そして従来からの2リッターガソリン車、2.5リッターハイブリッドモデルも含め、ハリアーの全グレードが進化している。 エクステリアは、アッパーグリルが薄く、ロアグリルがワイドになり、空力、冷却、歩行者保護性能を考慮したことをより強調したデザインへと進化。トヨタ・ハリアー

リヤコンビネーションランプを赤色の面発光とし、夜間の存在感をさらにアップさせた。 さらに、LEDヘッドライト装着車に、16灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光るシーケンシャルターンランプ、ヘッドランプ点灯時にウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯するLEDコーナリングランプを追加。トヨタ・ハリアー
新型ハリアー ターボ2017 モデリスタ

新型ハリアー ターボ モデリスタ TVCM

新型ハリアー ターボ モデリスタ TVCM



相変わらずTVCMもかっこいい。
一時はレクサスのSUV発売で廃番になると言われた
ハリアーですが、流石トヨタ、モデルチェンジ後期も
上手に売る仕掛けを重ねてきます。
同時に発売される
モデリスタのカスタムは、カッコいいです。


ハリアーH.H.

➡︎◻︎現行ハリアー2014年 発売
ハリアー改良も既に3年経つんですねー懐かしい。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する