PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジを勝手に想像する その②デザイン

三菱ダイナミックシールドデザイン
三菱アウトランダーPHEVの次期フルモデルチェンジについて
勝手な妄想をめぐらしています。
今回はその②でデザインについてです。
クルマのデザインは、言うまでもなく非常に重要です。
さて次期アウトランダーPHEVはどんなデザインになるのでしょうか?

アウトランダーPHEV デザイン決定プロセス
2013年に発売された初代アウトランダーPHEVは、
世界初のツインモーターPHEVという事もあり、環境への優しさから
「メタルコクーン(繭)」という有機的な曲面で構成されたデザインで
誕生しました。
➡︎◻︎デザイン経緯がわかる「別冊モーターファン」
三菱ダイナミックシールドデザイン

しかし、SUVの大消費地北米の消費者からのガスランダーのデザイン
に対する不評、2013年東京モーターショーで展開したコンセプト車の
デザインの好評から、三菱は三菱車の原点回帰でもあるデザインコンセプト
「ダイナミックシールドデザイン」へと舵を切り始めます。

アウトランダーPHEV デザインコンセプト
その第一弾となったのが、2015年6月のアウトランダーPHEV
ビックマイナーチェンジでした。
三菱デザイナーチームは、上記のような全身力強い直線的なデザインを
描いていましたが、残念ながら所詮マイナーチェンジ、
「顔はダイナミックシールド化したが、全体はメタルコクーンのまま」
というある意味、消化不良な現状にとどまりました。
(例えば、ボディ側面やボンネットの形状は変えれなかった)
➡︎◻︎現行アウトランダーPHEVのデザインがわかる「別冊モーターファン」
エクリプスクロス アウトランダーPHEV eclipscross vs outlander

完全に一からダイナミックシールドデザインで作った
「エクリプスクロス」の実車の全体の統一感を見ると、一層
後期型アウトランダーPHEVのちぐはぐな感じがわかります。

次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジでは、
思いっきりダイナミックシールドデザインを具体化して欲しいものです。
一番参考になるのは2016年パリモーターショーに登場した
こちらの「三菱 GT-PHEV consept 」です。
次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept
良いですね。クルマ全体に統一感があります。
Aピラーからの2トーン塗装はかなり印象的です。
しかも通常フォグランプの位置にあるのがヘッドライトで
上の細い目(ヘッドライト位置)は、ポジショニングライトです。
・・・いわゆるジューク方式ですね。
日産juke Hyundai kona grips consept
➡︎◻︎ダイナミックシールドデザインは進化の途中 記述




レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル
レンジローバー イヴォークや
アウディ e-tron クアトロ コンセプト
アウディ クアトロe-tornにも負けない佇まいを
期待したいです。

但し、このGT-PHEVconseptは、アウトランダーよりも大きい
「パジェロ デユーククロス」ではないかという説もあり、未だこれが
次期アウトランダーPHEVのデザインコンセプトかどうかは不明です。
➡︎◻︎パジェロ デューククロス説も
三菱GT-PHEV consept パジェロduke cross アウトランダーPHEV
個人的にはGT-PHEVコンセプトぐらい思いっきり振って欲しいです。
三菱のフラッグシップを背負って立つクルマです。
ただの「大きいエクリプスクロス」にならないようにして欲しいです。
期待したいですねー。

次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ Mitsubishi Outlander PHEV 2019 FMC
→⬜その3パワートレイン編へ続く



→⬜その1発売時期編へ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する