PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱株主総会から見える、今後の三菱車に期待する。

ゴーンさんが出席した初めての三菱株主総会が行われました。



三菱自動車工業は6月23日、東京都港区高輪の品川プリンスホテル アネックスタワーで第48回定時株主総会を開催した。2016年12月の臨時株主総会で代表取締役会長に就任したカルロス・ゴーン氏が議長を務めた総会では、監査報告と3つの議案(剰余金の処分、定款の一部変更、取締役11名の選任)の決議が行なわれた。3つの決議案は賛成多数で可決されている。
三菱自動車株主総会 2017 ゴーン シナジー

研究開発に関しては、ルノー・日産アライアンスを活用しながら長期な視点で強化を図る。投資額は自動車業界で競争力を維持するために必要である、売上高比の約5%となる。また、社内の研究員の増員や外部のエンジニアリング会社も積極的に活用するという。これにより“商品の主導による販売台数と売上高の増加”を図る。
三菱自動車株主総会 2017 ゴーン シナジー

 アライアンスの活用として、プラットフォームやエンジンなどの技術を「ツールボックス」と呼ばれるアライアンスの共有資産から採用することで競争力の高い製品を開発することができるという。特に自動運転技術や“人口知能とクルマの融合”、厳しくなる環境規制などへの対応は、三菱自動車単独では開発が困難であり、「ツールボックス」の活用が期待されるという。
三菱自動車株主総会 2017 ゴーン シナジー

ゴーン氏
三菱自動車の強みは「4輪駆動とSUVの伝統をさらに発展させるべく取り組んでいる幹部と従業員」だという。例として「エクリプス クロス」は基幹商品となることを期待しているとのこと。商品開発に関しては「ワクワクする計画を進めている」と語った。



なんだか少し安心しました。
流石、日産を立て直したゴーンさん。
➡□元記事 car watchへ

三菱自動車株主総会 2017 ゴーン シナジー
最後にアウトランダーPHEVがいっぱいの写真。
三菱 ウクライナ警察にアウトランダーPHEV納入
ウクライナ ウクライナ美人天国

➡︎◻︎アウトランダーPHEVウクライナ警察に納車
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する