PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

独ダイムラー 2020年にEV「EQ」用の電池新工場建設へ 中国にも投資

ダイムラーもEVシフト本気の様です。



 【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーは13日、エンジンや変速機を生産する独南部の主力拠点で2020年をめどに電気自動車(EV)用電池を生産すると発表した。投資額は数百億円。現在唯一の独東部の電池生産拠点を拡張しているほか、中国での生産計画も発表したばかり。生産能力は一気に高まる。ディーゼルエンジンの将来性が危ぶまれるなか、EVシフトを加速する。

 本社を置くシュツットガルトのウンタートゥルクハイム工場で生産する。敷地内に新工場を新設する。新たに立ち上げるEV専用ブランド「EQ」用の電池を組み立てる。EVの駆動系部品も生産する。

 この拠点では、EV部品の生産を求める従業員代表と経営側が対立し、従業員側が7月1日から残業を拒否していた。EV化が進めば既存エンジン車向けの変速機などは不要になるからだ。労使が合意したことで残業も再開した。

 ダイムラーは22年までに10車種のEVを発売し、25年までに販売台数の15~25%をEVにする方針を掲げる。この方針を達成するために独東部カーメンツに建てた電池組み立て工場に5億ユーロ(約650億円)を投資し大幅に拡張している。



電池を本社のあるシュツッツガルド工場で自社生産とは、本気度が伺えます。

一方中国では現地企業BAICと合弁で電池を生産とか、
独ダイムラー EV用のリチウムイオン電池自社生産に



ドイツの自動車大手のダイムラーと中国の自動車大手の北京汽車(BAIC)は7月6日、中国でのEVとバッテリーの現地生産に向けて、50億元(約835億円)を共同出資すると発表した。
両社は中国の北京市に新たな合弁会社、BBACを設立。このBBACにおいて、メルセデスベンツブランドのEVを生産する準備として、総額50億元を共同出資する。
また、この戦略的枠組み合意の一環として、ダイムラーと北京汽車は、2020年までにBBACでEVを現地生産する準備に着手。中国でのバッテリーの現地生産に必要なインフラと研究開発能力の強化に乗り出す。
両社は2017年6月、中国の新エネルギー自動車(NEV)への投資を通じて、戦略的協力関係をさらに強化するための枠組み協定に調印。投資契約の一環として、ダイムラーは、NEV部門における北京汽車との戦略的協力を強化する目的で、北京汽車の子会社である北京電気自動車(BJEV)の少数株を取得する意向を示していた。
ダイムラーの中国担当、Hubertus Troska取締役は、「中国のEV分野において、戦略的な一歩を踏み出した。パートナーの北京汽車とともに、世界最大のe-モビリティ市場に引き続き投資していく」と述べている。



ダイムラーは、過去韓国企業等から電池を調達していたのですが、
どうやら自社生産に切り替えていく方針の様です。本気です。
最終的なコスト、及び技術、そして調達競争になった場合有利と判断したのでしょう。
しかし、ダイムラーの記事にはいつもメルケル女史が写っているので、
この電動化シフトは、官民挙げてやっているのがよくわかります。

パリモーターショー ダイムラー EQ

➡︎◻︎ケタ違い一兆円の電動化投資ダイムラー

「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」

➡︎◻︎ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6・EV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する