PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱ガソリン「アウトランダー」でも特別仕様「ACTIVE GEAR」発売

三菱はデリカD:5に続いて、東京オートサロンに出展し
好評を得た「アウトドアギア」デザインコンセプトに基づく、特別仕様車
「アクティブギア」を発売。



 三菱自動車工業は7月20日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を発売した。価格は289万5480円~318万9240円。
アウトランダー「アクティブギア」outlander active gear


 ACTIVE GEARは、「Safety Package」をベースにアウトドアで使用する登山ロープやバックパックなどに採用されるオレンジ色をアクセントカラーとして配し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車。4月に発売されたミニバン「デリカD:5」に続く第2弾となる。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
ACTIVE GEAR 直列4気筒SOHC 2.0リッター CVT(INVECS-III) 2WD 2,895,480円
直列4気筒SOHC 2.4リッター 4WD 3,189,240円
 エクステリアでは、「フォグランプベゼル」「サイドドアガーニッシュ」「ウインカー付電動格納式リモコンドアミラー」をオレンジとしたほか、テールゲートにオレンジの専用デカールを装着。ブラックの18インチアルミホイールを採用して足下を引き締めたほか、ベースモデルではオプションとなるルーフレールを標準装備し、レール色をシルバーからグロスブラックに変更した。

 ボディカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール」「ブラックマイカ」の3色を設定。ホワイトパールは3万2400円高のオプションカラーとなる。

 インテリアでは、シートにスエード調人工皮革を座面と背もたれ面の生地に採用し、ボーダーキルティングを立体的な形状にすることで滑りにくくするとともに、夏は熱くなりにくく、冬は冷たくなりにくい昇降温抑制機能を持つ人工皮革を背もたれ面上部とサポート部に採用するなど、ベースモデルには設定のない機能性を付与。
アウトランダー「アクティブギア」outlander active gear
 また、「シート」「ステアリングホイール」「シフトノブ」「ドアトリム」といった各所にアクセントとしてオレンジのステッチを施し、インパネオーナメントにオレンジの専用デカールを装着。ベースモデルではメーカーオプション設定の「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を標準装備した。

 加えて、インパネとドアトリムオーナメントパネルに通常はメーカーオプションとなるブラック プライウッド調パネルを、パワーウィンドウスイッチに新しくピアノブラックのパネルを装着し、センターコンソールとドアトリムに人工皮革を採用してインテリアの質感を向上させた。

 なお、専用パッケージオプションとして、「テールゲートスポイラー」「『ACTIVE GEAR』ロゴのアルミホイールデカール」「専用フロアマット(ブラック&オレンジ)」を組み合わせた「ACTIVE GEAR コンプリートパッケージ」(7万437円)を設定。ACTIVE GEARの世界観を強調できるようにしている。



良いじゃあないですか!
東京オートサロンでは展示されていた
アウトランダーPHEVでなく
ガスランダーなのが何故かとも思いますが、
来年PHEVにはネタがない場合には、
アウトランダーPHEVの特別仕様として発売しても
良いコンセプトだと思います。
白×黒×オレンジは非常にカッコいいトレンド色です。
以下にリンクを貼ってます。

三菱デリカd:5 アクティブギア コンプリートパッケージ

三菱デリカd:5 アクティブギア コンプリートパッケージ
➡︎◻︎デリカD:5アクティブギアコンプリートパッケージ発売


アウトランダーPHEV アウトドアギアコンセプト 東京オートサロン2016
アウトランダーPHEV アウトドアギアコンセプト 東京オートサロン2016
➡︎◻︎2016東京オートサロン アウトランダーPHEV アウトドアギアコンセプト展示

SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT スバル 東京オートサロン2016

➡︎◻︎スバルxv STIコンセプト @東京オートサロン2016


日産 エクストレイル キャシュカイ カスタム ジュネーブ

➡︎◻︎エクストレイル、キャシュカイのカスタム車
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する