PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ルノー・日産連合、三菱効果で、世界販売台数 初の年間首位?

トヨタでもVWでもなく日産・ルノー・三菱が!!



2017年上半期(1〜6月)の自動車の世界販売台数で、日産自動車と仏ルノーの連合が独フォルクスワーゲンやトヨタ自動車を抑え、初の首位に立った。連合を率いるカルロス・ゴーン日産会長の悲願である年間世界トップが現実味を帯びてきた。日産が16年に三菱自動車を傘下に収めた成果が出たが、今後は規模の拡大を収益向上に結び付けられるかがカギとなる。
日産 三菱 ルノーグループ

 「17年の年間販売台数で世界一の自動車グループになる」。ルノー・日産連合は27日に声明を出し、初の年間首位獲得へ強い自信を示した。

 ルノー・日産は上半期に前年同期比6.9%増の526万台を販売した。トヨタが28日発表したグループ販売台数は2.7%増の512万台で、両グループの差はわずか14万台。ルノー・日産の販売台数には、日産が16年10月に2373億円を投じ約34%を出資した三菱自の49万台が含まれており、三菱自効果でトップに立ったことになる。

 一方、日産が27日発表した17年4〜6月期連結決算は、米国市場の競争激化で販売費用がかさみ、1割強の営業減益となった。日産は三菱自と協力することで、17年度に240億円、18年度以降は年間600億円のコスト削減効果を見込んでいるが、28日の株価は前日比4.1%下落した。株式市場は日産の収益性を厳しく見詰めている。 




いよいよゴーンさんの1000万代クラブ入り野望はもちろん
世界首位が射程圏に!!
三菱傘下入りした意味があったというものです。

三菱 日産ルノーグループ アライアンス


1000万台クラブ
(世界1000万代 クラブ)

⇒□週刊新潮 ゴーン氏の野望

⇒□日経ビジネス ゴーン氏の野望
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する