fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ホンダCR-V日本復活、クラリティPHEVも登場

久々にホンダについて、、
北米で発売されている新型CR -Vが日本でも発売されるということです。
クラリティについては、
今度市販されるのは水素燃料電池車FCVでも、ピュアEVでもなく
PHEVだそうです。



10月27日から11月5日に開催される第45回東京モーターショー2017に本田技研工業(ホンダ)は、コンセプトカーだけではなく市販予定モデルも数多く出品する。その中で特に注目したいのは、ハイブリッドの追加とともに日本復活を果たすミドルサイズSUV「CR-V」と、クラリティシリーズ中最も手に届きやすいモデルといえる「クラリティPHEV」だ!
ホンダ 新型CR-V



ホンダ クラリティ PHEV



昨年10月に北米で新型5代目のガソリン車がデビューし、今年4月の上海モーターショーでそのハイブリッドモデルの追加が発表された「CR-V」は、日本では昨年10月のフルモデルチェンジに伴い販売が終了している。

だが、昨今のSUV人気に加え、アコードやオデッセイ、ステップワゴンに採用されている2モーター式の「スポーツハイブリッドi-MMD」搭載モデルが追加されたことで、ホンダはCR-Vの日本復活を決定。これにFF車と4WD車を設定するだけではなく、ガソリン車に新たに3列目シートを設定し、さらに予防安全システム「ホンダセンシング」を標準装備して、来年発売される見込みだ。



今年4月のニューヨークオートショーで発表された「クラリティPHEV(北米仕様はクラリティプラグインハイブリッド)」は、FCV(燃料電池車)であるクラリティフューエルセルをベースに、直列4気筒の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと、181hp・315Nmを発する2モーターおよび容量17kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせた「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載。47マイル(約76km)のEV走行を可能にし、ガソリンと電気を併用した総走行距離も340マイル(約547km)を確保している。



コンセプトカーの概要は「S600/S800クーペの再来か!? ホンダが「スポーツEVコンセプト」をワールドプレミア!



自分としてはCR -VにPHEVパワートレインを
積んでほしいんですけどね。


ホンダ クラリファイ PHEV

➡︎◻︎ホンダ2モーターPHEV自社開発


ホンダ 新型CR-V 2017

➡︎◻︎ホンダ新型CR -V 北米で発売
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する