FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

欧州の超急速充電ステーション構想、最大350キロワット、5分充電って大丈夫か?!

クルマの電動化を推進する欧州で、超急速充電の
設備構築にVWグループなど4社が共同するとの事。



【フランクフルト=深尾幸生】独BMWや独ダイムラーなど欧米の自動車大手4社は3日、2020年までに欧州で400カ所の電気自動車(EV)向け超急速充電ステーションを設けると発表した。最大出力は350キロワットで、150キロメートルを走行できる量を5分間で充電できる。高速道路など主な幹線道路沿いに設置する。長距離移動での不安を取り除き、EVの普及を促す。
ドイツ自動車メーカー 独 日

 共同出資会社「イオニティ」には独アウディなども含む独フォルクスワーゲン(VW)グループと米フォード・モーターが出資している。16年に方針を公表していた共同事業が動き出す。

 高速道路のサービスエリア運営の独タンク&ラストやガソリンスタンドを運営するOMV(オーストリア)などと提携し、約120キロメートル間隔で設置する。17年中にドイツやノルウェー、オーストリアに約20カ所を設置し、18年に100カ所以上に広げる。
EV電動化王国 ノルウェー

 EVの普及に向けては航続距離の短さや充電にかかる時間の長さが現状の課題だ。自動車大手は電池の性能向上と併せて急速充電インフラを整備することで、課題をひとつずつクリアしてEVの使い勝手を高めようとしている。




CHADEMO チャデモ方式

何と日本の3倍急速、150キロワットの更に倍以上!!
こんな超高圧充電、機械やクルマの安全は本当に大丈夫なのか??
従来のこれに対応してないEVは、互換性がなくなりそうな気がして
心配です。
日本は、通常の急速充電スポット網を
整備してしまったので次のステージには
国を挙げて整備して欲しいものです。

CHADEMO EV充電新規格 

➡︎◻︎日本のチャデモの充電時間3分の1計画

EV電動化王国 ノルウェー


➡︎◻︎電動化 最先端国は?


東芝 新型リチウムイオン電池 超急速充電

➡□東芝の6分間超急速充電システム
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

c622angelさんへ

見ていただきありがとうございます。
> 「5分で150km」本当に必要なんですかねぇ・・・
ノンストップの弾丸移動なんて極少数派のはず。
おっしゃる通り。
但し、EVが増えて充電器待ちが続出すると
早く空く事がメリットになるかもしれませんね。

gieron | URL | 2017-12-02(Sat)18:08 [編集]


超急速充電って本当に必要?

お初です。

「5分で150km」本当に必要なんですかねぇ・・・
1000kmを12時間で走らなければならない状況でもない限りそんな必要は無いだろうし、そもそもガソリン車の運転だってそんなにノンストップの弾丸移動なんて極少数派のはず。

新型リーフ、カタログ値400kmを誰も走るとは思っていないとは言え、高速道路でも250kmくらいは走るんじゃないかと。

250kmも走れば1回や2回は休憩入れなきゃ身が持たないので、10分でも15分でも(トイレ・食事で)休むはずで、その間のちょい足しだって航続距離は伸びるもの。

100%の車をEVにするにはもしかすると必要なのかも知れないけど、現時点では必要十分な環境になっていると思います。

c622angel | URL | 2017-12-01(Fri)10:21 [編集]