fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

東京モーターショー2017 見てきました 日産ブース① NISSAN IMX CONCEPT編

今年の東京モーターショーは、
電動カーショーであったとも言われていますが
日産ブースにも象徴的な一台がありました。
こちらの「NISSAN IMⅹ」です。
東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT
以下が基本概要です。


「ニッサン IMx」は、新しいEV専用プラットフォームの高効率パッケージにより、段差の無いフラットなフロアと今までにない開放的な広いキャビンスペースを実現しました。パワートレインは、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WDを採用しており320kW/700Nmを発生します。この高出力を受け止めるEV専用プラットフォームのボディやシャシー、低重心パッケージがもたらすスポーティーなハンドリングにより、クロスオーバーモデルであることを感じさせないフットワークを実現しました。エネルギー密度をさらに高めた大容量バッテリーにより、一充電あたりの走行距離600km以上を可能としました。



日産初のツインモーター4WD EVの登場です。
電池を底に敷くレイアウトが主流のようです。
印象は新型リーフに近い大きさに見えます。
日産 NISSAN IDS Concept 東京モーターショー


➡□日産IDS コンセプト 2015東京モーターショー

東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT

サイドのフロントドアについたV字のデザインは
2015年東京モーターショーの「GRIPZ]に見られるものです。


日産 NISSAN GRIPZ Concept 東京モーターショー

⇒□日産GRIPZ コンセプト 2015東京モーターショー

そんな風にみるとこのクルマは
「IDS+GRIPZ」みたいにも見えてきます。

東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT


エクステリアデザイン
 ~静かでスムーズ、パワフルでダイナミックなのに軽やかというEVの特徴を表現
日産のデザインシグネチャーを取り入れながら、EVならではのピュアでクリーンなイメージを表現しました。日産ブランドとしての顔を象徴するVモーショングリルから伸びるラインはフード、そしてルーフを介してボディ後方へとしなやかに流れています。特徴的なフロントフェンダーは、シームレスなグリルから始まり、広いボディサイドへ繋がる面の上にレイヤー状に被せるようにデザインされています。ボディカラーのホワイトパールとコントラストをなす朱色のアクセントは、日本の着物に使われる、内に秘めた情熱を表現する"裏勝り"から着想を得て、EVの静かでありながらダイナミックなパワーを表現しました。


顔は日産おなじみ「Vモーション」ですが、Vの端がフードまでつながっているが新しいです。
グリルとエアインテークのパターンが非常に凝っています。
ヘッドライトの周りのつくりが非常にシャープで、ここにアクセントの朱色が使われているのが
見えます。(着物からインスパイアされた色なんですね 日産らしい)


東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT
未来的な作りこみは、「IDS」から一歩進歩した感じです。
タイアホイールもすごい。

東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT


インテリアデザイン
 ~最新の技術を用い、開放的で落ち着きを感じられる、シンプルなデザイン
「ニッサン IMx」の室内は、伝統的な日本家屋の空間構成に通じる、開放的な建物の中のような雰囲気を演出しています。パノラミックディスプレイには車外の映像が映し出され、木目調のインストルメントパネルやドアトリムの中には、"障子"のように「外」の気配をそれとなく感じることができるディスプレイが組み込まれています。また、浮遊感を演出しているシートに描かれた片流れの模様は、最新のレーザーカッターで、組木のようなパターンのヘッドレストは、3Dプリンターで成形されたフレームとクッション性のあるシリコンの組み合わせにより作られるなど、様々な先進技術を駆使しています。更に、車室内に配置された様々な機能を持つカメラを通し、AIがドライバーのジェスチャーや視線からその意図を判断し、ディスプレイ上のコンテンツを自在に操ります。これらのインターフェイスにより直観的なコントロールが可能となるため、物理的なスイッチは最小限にすることができました。「ニッサン IMx」の居心地の良いシンプルな空間のインテリアは、これらの最新技術があったからこそ実現できたのです


こちらインテリア
ヘッドレストの組木パターンに注目。

東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT
そして何といっても驚きはこのパノラミックディスプレイで「車外の映像」が映し出されています!
ドアトリムにも障子越しに夜景が見えるのがおわかりでしょうか!!
なんだかドアがないクルマに乗っているような錯覚におちいるかもしれません。

東京モーターショー2017 日産 IMX CoNCEPT



「ニッサン IMx」は、「日産リーフ」に搭載している「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現しています。クルマに任せてドライブができる「プロパイロットドライブモード(PDモード)」を選択すれば、ステアリングは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動することができます。もちろんドライバーは好きなときに運転を楽しむことができます。「マニュアルドライブモード(MDモード)」を選択すると、ドライバーの前にステアリングが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化します。「ニッサン IMx」に搭載された知能化技術により、安心してダイナミックなドライビングを楽しめます。



そしてこちらが完全自動運転時のプロパイロットモードです。
カッコいいですね。
今年は2年前にやったステージ上の自走デモはありませんでしたが
一番最初に実用化して三菱に供与してほしいものです。


最後にネット上にあったIMxのツインモーターパワートレインの写真を
日産 imx. パワトレイン ツインモーターEV
アウトランダーPHEVと違ってエンジンがないとツインモーターでも
スッキリしています。床下の電池の配置が三菱より横広か?

2年前の東京モーターショーに出展した「日産 IDS コンセプト」は
見事に新型リーフの基本形になりました。

さてこのIMxは何になるのか?
リーフの次のEVなのかそれとも????

日産ジューク ニスモ 2015東京オートサロン

⇒□ジューク EV登場?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する