fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

東京モーターショー2017見てきました スバルブース編 (VIZIVはついにモーターなし)

東京モーターショー2017 スバルブース SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT
日産同様、不適切な完成検査があったため、お詫び文が
掲げれていたというスバルブースです。
(とは言え相変わらずの人気で、自分は気づきませんでした)
こちらが、センターステージ上の「ヴィジブ パフォーマンス コンセプト」です。


「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、SUBARUのハイパフォーマンスカーの将来像を示すコンセプトモデルです。
低重心で前進感のある硬質なボディーと躍動感をもって力強く張り出すフェンダーの造形により、走り出す瞬間から放出されるエネルギーをSUBARUのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」で表現しました。
このモデルでは、水平対向エンジンとシンメトリカルAWDによりハイパフォーマンスを実現するとともに、高性能アイサイトによる自動運転技術を搭載。



東京モーターショー2017 スバルブース SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT
自分は、2013年の東京モーターショーから
スバルのVIZIVに関しては強い関心を持ってみてきました。
それは、今まで出展されたVIZIVが何らかの電動車両だったからです。
しかし今回とうとうただのガソリン車になってしまいました。
がっくり。

2013年に初めて見た時は3モーター搭載のHV
Viziv
一番わくわくした水平対向モーター配置+水平対向エンジンの組み合わせ
⇒□2013 スバル VISIV EVOLUTION CONCEPT



2014年ジュネーブでは、PHVモデルになってました。
これが次期フォレスターとして発売されたらアウトランダーPHEVの
買い替え検討対象になるなあと思ったものです。
次期フォレスター PHV

⇒□VIZIV2 PHV ジュネーブ

2015年東京では、1モーターHVに逆戻り
東京モーターショー2015 スバル VIZIV FUTURE CONCEPT

⇒□2015 スバルVIZIV FUTURE CONCEPT
そして、今回はモーターすら乗ってないクルマになってしまいました。
やっぱりスバルは水平対向エンジンで行くってことでしょうか
モーターと水平対向エンジンの組み合わせも面白いと思うんですけどね。個人的には


東京モーターショー2017 SUBARU インプレッサ FUTURE SPORTS CONCEPT
こちらはインプレッサ スポーツ コンセプト


「IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT」は、世界トップレベルの安全性能を備えたIMPREZA SPORTをベースに、新たなスポーツの価値を提案するデザインコンセプトモデルです。
鮮やかなボディカラーに、水平方向に広がりがあるバンパー、洗練されたデザインのフォグランプ、そしてセンターマフラーなどのエクステリアにより、気持ちよく走り抜けるスピード感、爽快感、運転する愉しさを表現しています。


フォグランプが素敵

東京モーターショー2017 スバルブース SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT


テントをしょったXV ファンアドベンチャー コンセプトいいですね。


「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」は、先進的なスタイリングと本格SUVとしての機能性を両立するSUBARU XVの世界観を、より一層強調するデザインコンセプトモデルです。
スポーティーで都会的なスタイリングはそのままに、専用オフロードタイヤと、ホイールアーチの力強いデザインのクラッディング、大自然の中でも力強く輝くボディカラーを採用することで、アウトドアアクティビティも思い切り愉しめるデザインに仕上げました。





東京モーターショー2017 コンパニオン スバルブース
VIZIVショーのコンパニオンさん。
クールです。

東京モーターショー2017 コンパニオン スバルブース
そして東京オートサロンにもいらした
コンパニオンさん
可愛いですね

東京オートサロン2017コンパニオン スバルSTI

➡◇東京オートサロン2017 コンパニオンさん
全般に電動車両シフト、フューチャー感が前面に立った今回の
東モの中では、従来路線を踏襲した感が際立つスバルブースでした。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する