fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

テスラ マスクCEO 電動トラック「セミ」超ハイパワースポーツカー「ロードスター2」発表

モデル3の量産に苦戦が伝えられるテスラですが、
次の新車を公表しています。



テスラモーターズは11月16日(現地時間)、2019年から生産開始するEVトラック「テスラ セミ」と、2020年に向けて開発中のスポーツタイプの新型EVを公開した。
テスラ EVトラック「セミ」「ロードスター2」

 公開されたEVトラックのテスラ セミは、トレーラーを牽引するトラクタータイプのトラックで、同社イーロン・マスク氏が登場したプレゼンテーションでは、ディーゼルトラックよりトータルコストを抑えられると強調。ディーゼルトラックより加速性能に優れることや自動運転機能を備えることで隊列走行を実現するなどのメリットを示した。


テスラ EVトラック「セミ」「ロードスター2」


 同時に公開されたスポーツタイプの新型EVは、4シーターで可動式のルーフを備えるロードスターモデル。3つのモーターと200kWhのバッテリーを搭載して、航続距離は620マイル。走行性能では最高速は250mph、0-60mph加速1.9秒、0-100mph加速4.2秒を実現するといい、マスク氏は2020年に向けて開発中と予告した。
テスラ EVトラック「セミ」「ロードスター2」





ロードスターは、見た事があるようなデザインですが、
トラックのセミはぶっ飛びです。

一方で予約受注を抱えている
モデル3の納車が思うように進まないとのこと、
しかし先のヴィジョンを掲げて資金を調達し続けなくれば
ならないのがこの会社の宿命です。

マスクCEOのこのビジネスモデル
継続できるのか正念場のようです。



テスラ ギガファクトリー

➡︎◻︎テスラモデル3生産に苦戦中?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する