fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

中国のEV充電器設置計画のケタが違う 480万台?!

中国ネタは
日経の取材力が優れている様です。



中国政府は、電気自動車EV)の購入者がEVの電池切れを心配する「走行距離不安症」にならないようにするため、2020年までに車両数に見合った充電ステーションを設置する。
中国のEV

中国は20年までに480万の充電設備や充電ステーションを設置する予定。中国国務院(政府)は11月、巨額の投資を行うことを改めて表明した。平安証券のアナリストは、この計画を達成するには総額1240億元(約2兆1000億円)の投資が必要だと話す。

中国の充電設備・充電ステーションの数は9月末時点で19万ほどで、これでも世界のどの国よりも多いが、3年後の目標設置数に比べればほんのわずかでしかない。米国には4万4000の充電設備と1万6000の充電ステーションが設置されている。

十分な数の充電ステーションを設置することはEVの購買意欲を高めるカギと考えられている。EVは「中国製造2025」として知られる産業振興策の柱でもある。

中国はEVを含む10のハイテク経済部門を指定し、それらの部門で25年までに世界市場を支配するか、市場の中心的存在になることを目指している。米ゴールドマン・サックスによると、中国は16年に世界のEVの45%を生産したが、30年までにその比率を60%に拡大するとみられている。

EV購入を検討する際の懸念事項として消費者から最も多く挙げられるのが、走行途中で電池切れになってしまうことへの不安だ。

あるコンサルティング会社の社員は、出身地の上海では多くの人がバッテリーとエンジンの両方で走るハイブリッド車を買っているが、充電することはめったにないと話す。上海ではEVを購入すると補助金が得られ、ナンバープレートも無料で入手できる。

この社員は「ハイブリッド車を持つほとんどの人が実際には従来のエンジンで走っている」とした上で、「上海でもまだ充電ステーションを探すのに苦労する。個人で駐車スペースかガレージを確保し、充電設備を自分で設置しなければならない状況だ」と話した。(4日付)



成る程、中国ではPHEVを買っても
ガソリンで乗ってるんですね〜。
それじゃあダメじゃん(笑)
それにしても480万台とは、、、数の論理になるといつも圧倒されます。
果たして、、、、

中国 EV youxia ヨウクシャ ナイトライダー

➡︎◻︎中国新興EVメーカー8社
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する