fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

今年後半 日本発売 アウトランダーPHEV2019モデルと現行モデル比較

ジュネーブで初公開されるアウトランダーPHEV2019
マイナーチェンジモデルは日本では今夏にも発売とされています。
写真を現行モデルと比較してみました。
三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
先ずはフロント。
ぱっと見は似たように見えますが、
よく見るとヘッドライト、グリル、フォグランプヴェゼル、
バンパー下部デザインが異なっているのがわかります。

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
ヘッドライトの目頭、
メタルとネットが複合した新グリルはカッコいいのでは!

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
リアは、バンパーアンダーガードにスリットが
入って形状が変わっています。
そしてリアスポイラーを装着しています。
標準かは不明。

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
新パワートレインの入ったエンジンルーム。


エンジンが2.0 リッターから2.4リッターにサイズアップ。
「ジェネレーション2.0」と名付けられたPHEVシステムは、
ジェネレーターの最大出力を10%アップ。
駆動用バッテリー容量は+15%、
出力は+10%になり、リアモーターの最大出力は+10kWに。
EV走行領域、シリーズ走行領域を拡大。
EV最高速度は従来の120km/hから135km/hまで拡大。


外観上は全くわかりません。良く押し込めたものです。
燃費、EV航続距離の改善データは現状不明

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
インテリアについては、
インパネのパターンが、レーザーエッチングを施したオーナメントパネルに変わっている。
シートのパターンが、ダイア状に変わっている。
三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

4つになったドライブモードのスイッチ変更。
スポーツモードボタンが単独設定。
EVモードボタンはどうなったのか不明。

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

Lock–Snow–Normal が可変。
スポーツが単独のようです。
何とタコメーター表示ができるようになっている様子!いいな〜。

三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
そして、リアシート向けのエアコン吹き出し口が。
さらには100V給電コンセントの上に、
USB端子まで。これもリアシート向けか?。

いやあ結構凄いマイナーチェンジをしてくれました三菱。
2回目の車検を通した自分としては羨ましい限りです。

しかしこの後にトリプルモーター、EV航続距離100キロの
「ジェネレーション3,0」PHEV新システムが待っていると
信じて、もう少し我慢すべきなのか?。
今後の展望に注目しましょう。


➡︎◻︎写真引用元記事に


三菱アウトランダーPHEV2018 MC
ジュネーブモーターショー2018 三菱 アウトランダーPHEV2019


➡︎◻︎ジュネーブモーターショー展示車、アウトランダーPHEV2019登場過去記述に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する