fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

エクリプスクロスPHEV開発に着手。ランダーPHEV2019日本発売は今夏。デリカD:5FMCが来年。

グッドニュースでしょう!これは。



三菱自動車は3月1日、新型コンパクトSUVエクリプスクロス』を発売した。価格は253万2600~309万5280円。益子修CEOは同日開いた発表会で事前受注が5000台に達したことやプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの追加設定を検討していることを明らかにした。
東京オートサロン2018 三菱エクリプスクロス カスタム

益子CEOは「エクリプスクロスは、国内では2014年2月に『eKスペース』を発売して以来、実に4年ぶりの新型車になる。また商品刷新計画の第一弾がこのエクリプスクロス。このクルマの立ち上げが当社の国内事業の中で最も重要なプロジェクトであり、中期経営計画を達成するためにも、強い信念を持って取り組んでいきたいと考えている」と強調。
その上で「12月下旬より予約注文の受付を開始し、2月末までに約5000台の注文を頂いた。国内では月に1000台を販売目標としているので、発売前に5か月分の注文という好調なスタートを切ることができた」と明かした。
中略
エクリプス クロスの国内モデルは1.5リットル直噴ターボガソリンエンジンのみの設定となっているが、益子CEOは「コアモデルについては何らかの形で電動化をしていくので、当然エクリプスクロスも電動化するが、今我々の頭の中にあるのは、PHEVエクリプスクロスをできるだけ早い時期に出していきたいという思いを持って、これから開発に取り組んでいきたい」との見通しを示した。
ジュネーブモーターショー2018 三菱 アウトランダーPHEV2019

また益子CEOは「エクリプスクロスに続く商品刷新計画としては、来週のジュネーブモーターショーで世界初披露する『アウトランダー PHEV』の2019年モデル。PHEVシステムも大幅な改良によって、よりEVらしく、よりSUVとしての魅力を高め、夏ごろに投入する計画。また『デリカ』ブランドが誕生してから50周年を迎えた本年、デリカD:5のモデルチェンジを予定している」ことも披露した。
➡︎◻︎元記事に




おおっと!
一時は開発を断念した
「エクリプスクロスPHEV」が開発再開です。
これはグッドニュースですね!。
アウトランダーPHEV2019で採用される
ツインモーターで開発するのか?
それとも次期アウトランダーPHEVのトリプルモーターか?。

そしてジュネーブで公開されるアウトランダーPHEV2019モデルの
日本発売は今夏。
デリカD:5のフルモデルチェンジが何と
アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジより早い来年!との事。

これでアウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ時期は早くて
2020年と推測されます。
先にエクリプスクロスPHEVが出たりして、、、
待てるかなあ。



三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2019と現行モデルの比較

三菱 新型SUV エクリプス クロス MITSUBISHI eclipse cross

➡︎◻︎エクリプスクロスPHEV開発断念からのディーゼル発売延期

エクリプスクロスPHEVの可能性 アウトランダーPHEV比較

➡︎◻︎エクリプスクロスPHEVは開発部門の負担軽減で取りやめた



次期デリカD:5

➡︎◻︎デリカD:5 フルモデルチェンジ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する