PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

次期アウトランダーPHEV2020 フルモデルチェンジ迄の軌跡と予測

アウトランダーPHEVの次期フルモデルチェンジを期待する
1人です。
2.4リッターエンジンと積んだ「ジェネレーション2.0」なる
新しいPHEVパワートレインを積んだマイナーチェンジが今夏決まり、
これで来年の発売の目はほぼ無くなりました。

となると東京オリンピック開催の2020年春説がにわかに浮上します。
勝手に「Outlander PHEV2020 TOKYO」とでも名付けましょうか。
次期アウトランダーPHEV FMC 全面改良 2020 Mitsubishi Outlander PHEV 2020
初のトリプルモーターで4輪を制御するSAWC採用の次期モデル
登場を待ちたいと思いますが、
ここでアウトランダー誕生からの軌跡を改めてサマライズして
みたいと思います。

次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
エアトレックの後継車種として2005年10月に誕生した
初代アウトランダーは、スマッシュヒットとなりました。
その7年後に2代目としての2012年 10月フルモデルチェンジと並行して
開発が進められたのが世界初のツインモーターPHEV SUV
「初代アウトランダーPHEV」です。
こちらは2013年1月に発売されました。

リチウムイオン電池の発火による発売停止、全車工場返送事件もありました。

次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
三菱ダイナミックシールドデザインの製作プロセスを経て、
2015年6月には異例の大型デザイン改良が実施されました。
又、PHEVシステムの改良や、防音の強化が施されました。
電動車両ならではのエンジンとモーターのプログラム調整による
改善が進みます。

次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
2016年、衝撃の燃費不正事件の発覚から、
三菱は日産傘下での出直しをすることになります。
これにより当初2018年度であったアウトランダーPHEVの次期改良計画
が日産との共通プラットフォームで行う事となり、実質延期となります。

2017年にはアウトランダーPHEVから、最上級グレードの
「S−Edition」が発売されました。


次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
遂に三菱エクリプスクロスが発表され、
10月の東京モーターショーでは次世代の指針となる
「三菱 e−E volution」が公開。
そして2018年、2.4リッターエンジンと「ジェネレーション2.0」
PHEVシステム搭載の「アウトランダーPHEV2019」が登場
することになりました。

さてここからは小生の楽観的予想となります。、、、

次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
来年2019年は三菱としてはデリカD:5のフルモデルチェンジを控えています。
ここでデリカD:5PHEVが発売されるのか?大きな期待です。

なので「アウトランダーPHEV2020 Tokyo concept」のワールドプレミアが
2019年のジュネーブ。
同年10月の東京モーターショーで最終モデルの公開。
2020年春に発売を期待します。

三菱自動車 中期計画

➡︎◻︎日産傘下後2016年9月発表の三菱中期 新車発売計画



次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ Mitsubishi Outlander PHEV 2019 FMC

➡︎◻︎完全に外れた小生の昨年の次期アウトランダーPHEV FMCスケジュール
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する