PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

今8月発売「アウトランダーPHEV2019」にタコメーター採用。


responseに新型アウトランダーPHEV2019に関する追加情報ありました。



三菱自動車は、ジュネーブモーターショー2018で発表した『アウトランダーPHEV』の2019年モデルに、最新の「ダイナミックシールド」フェイスを採用すると発表した。
三菱アウトランダーPHEV 2019mcMitsubishi Outlander phev

ダイナミックシールドは、人と車を守る機能を表現した三菱車のフロントデザインコンセプト。三菱の全モデルが同じ顔つきになるわけではなく、車種ごとに最適なダイナミックシールドが導入されている。

ジュネーブモーターショー2018で初公開されたアウトランダーPHEVの2019年モデルでは、このダイナミックシールドが進化。LEDヘッドライト、LEDフォグランプベゼル、ラジエターグリル、フロントスキッドプレートのデザインを変更し、質感を向上させた。
アウトランダーPHEV 2018−2019 MC 2.4L

また、フィン形状の新デザインのアルミホイールと空力性能を向上させるリアスポイラーを追加。機能性やスポーティさを引き上げている。
三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

また、インテリアでは、パワーメーターの表示をモーターとエンジンの出力状況が分かるように変更。さらに、サポート性を高めたキルティング本革の新形状シートを採用し、レーザーエッチングを施したオーナメントパネルと組み合わせて、上級感を追求している。
➡︎◻︎元記事に



パワーメーターの表示をモーターとエンジンの出力状況が分かるように変更
というのが非常に羨ましいです。
どの様になるのかは、別のサイトにあった上記写真ぐらいしかヒントがありませんが、
左のアナログメーターが出力表示対応になるらしいですが、KWと書いてあるのは
モーターの出力ですが0が右寄りに着いているので、エンジン出力はその手前で表示されるのか?

三菱アウトランダーPHEV2019 ジュネーブ

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2019既報


三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

➡︎◻︎現行モデルとの比較

次期デリカd:5 2019

➡︎◻︎このクルマのシステムが転用される次期デリカD:5PHEV


次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2020迄の軌跡と予測
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する