FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱アウトランダーPHEVを使った、V2B技術実証をオランダにて開始

電動車両先進国オランダでの取り組みです。





三菱自動車は3月29日、英国・日立ヨーロッパ社および仏・エンジー社とともに、自動車とビル間で電力を相互供給するヴィークル・トゥー・ビルディング(V2B)技術の実証をオランダ・ザーンダムにて開始したと発表した。
三菱ビークル トゥ ビルディング vhiecle to building

V2B技術とは、電気自動車EV)やプラグインハイブリッドカー(PHEV)、燃料電池車(FCV)などをビルと結び、電動車両に蓄えられた電力をオフィスや工場に供給するシステム。事業者によるCO2総排出量の多くは、事業所および輸送が占めていることから、V2B技術の活用は電気代の低減だけでなくCO2削減にも寄与する。

今回の実証では、三菱自動車が再生可能エネルギーの蓄電デバイスとしても活用できる『アウトランダーPHEV』を提供する。日立ヨーロッパ社は、電動車両、オフィスビル、送電網などと接続できるV2X充電・放電器に加え、車両とビル、車両と送電網を統合させる技術も提供。エンジー社は、電動車両やオフィスビルの電力供給システムと、太陽光発電パネルなど再生可能エネルギーを統合させ、スマートビルディングを構築させる技術を提供する。

日立ヨーロッパ社が提供するV2X充電・放電器は、電動車両に充電を行うだけではなく、電動車両から電気を取り出してオフィスビルや送電網へ送電可能。また、電動車両からの給電は電力系統の調整にも活用できる。さらに太陽光発電パネルと接続すれば、太陽光発電の余剰電気を電動車両の駆動用電池に蓄電し、必要に応じて送電網にも戻すだけでなく、非常用電源としても機能させることができる。
オランダ EV

3社は次のステップとして、電動車両、再生可能エネルギー、オフィスビルの電力マネジメントシステムをどのように連携させれば、オフィスビルの電力を平準化できるのかを検討。それぞれの専門性を生かしてV2B技術を活用していくことで、効率的なビルエネルギー管理システムの構築を目指す。



という事です。
流石再生エネルギー先進国ですね。
EV の普及も10%を超えていると言われる
世界有数のEV 先進国です。
行ってみたいものです。


Outlander phev Japan & netherland
Mitsubishi outlander PHEV Japan To Netherland

➡︎◻︎EV 普及先進国 オランダ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する