fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

中国市場でEV大競争、電動車両なら世界で一番選択肢が多いのは中国国民か。

電動車両に乗りたい人にとっては、
中国は世界一選択肢が多いのかもしれません。
日本未発売の日本メーカーの電動車両が
次々発売されます。



北京国際モーターショーが開幕した。世界最大の自動車市場を抱える中国政府は、電気自動車(EV)など新エネルギー車の普及に向けて規制を強化する方針で、日本勢を含む各国の自動車メーカーが最新のEVを公開した。

 中国国家統計局によると、1~3月期の新エネ車の販売台数は前年同期比154%増の約14万3000台。ショーでも展示された1022台のうち新エネ車は174台に上った。新エネ車の7割以上を中国企業が製造しており、国産メーカーのEVシフトが目立った。

 ホンダは年内発売を予定する中国向けブランド「理念」のEV試作車を、日産自動車は今年後半発売の新型EV「シルフィ ゼロ・エミッション」を、トヨタ自動車は「カローラ」と「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)をそれぞれ世界初公開した。(北京 西見由章)
理念 広汽本田 ホンダ 中国
(ホンダ 理念)
➡︎◻︎ホンダ理念記述に

日産 シルフィー EV 中国 セダン
(日産シルフィ)
➡︎◻︎日産シルフィEV記述に

トヨタ カローラ/レビン phv
(トヨタ カローラ/レビン phv)



→元記事に

こればかりでなく、欧州のメーカーの電動車両が順次発売されますし、
テスラも初の国外工場を準備中と聞いてます。
しかも現地メーカーもユニークな新興企業による電動車両が目白押し。
中国の方は選択肢が多くって羨ましいじゃあありませんか!

中国SFモータース SF5

➡︎◻︎中国SFモータースEV



アリババ出資の中国新興EV小鵬汽車、初の市販車「G3」を発表

➡︎◻︎中国の小鵬汽車EVG3

中国EV nio eve ニーオ イブ

➡︎◻︎中国のNIO イブ新興EV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する