fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

EV専用デザインのフロントグリルを採用 BMWの「Concept iX3」

BMWは、スポーツカーの「i8」、そしてカーボンファイバーを
使用したタウンユースの「i3」を発売以来、EV専用車はストップしています。
既存車のPHEV化は進めてきましたが、EV化はされませんでした。

遂に既存車種をEV化するという次のEV市販車の一手
が示されたと言っていいでしょう。



ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)が「北京モーターショー2018」でコンセプトカー「Concept iX3」を公開しました。


 Concept iX3は、同社が2017年10月にフルモデルチェンジしたSUV(スポーツタイプ多目的車)「X3」をベースとした100%EV電気自動車)のコンセプトカーです。BMWグループは2025年までに25車種の電動車両を投入する計画を公表しており、そのうちの12車種は100%EVにするとしています。iX3もその1つで、2020年の市販化を目指して開発が進んでいます。

BMW concept iX3


 Concept iX3は現行X3のデザインを踏襲しつつも、BMW車の顔となるキドニーグリルに「エンジン冷却の機能が不要となる」EVならではの専用デザインを採用しています。パワートレインには、SUV車種用に新開発したという最大出力270馬力のモーターを搭載し、最大で400キロの航続距離を実現します。また、充電制御ユニットの改良と高電圧バッテリーの採用により、30分でフル充電できるという最大150kWの高出力充電ステーションに対応します。



BMW」のアイデンティティーである「キドニーグリル」所謂「ブタ鼻」が、
EV化によって新しいデザインになるとは!。
それだけPHEVとEVの差に象徴的なモノを持ちたいのかもしれませんね。:

ちなみに
キドニーグリルの由来は


キドニーとは英語で「腎臓」を意味しています。2つに並んだフロントグリルが腎臓のように見えるので、キドニーグリルと呼ばれています


遂に繋がって1つになってしまったらもはや「腎臓」とは言えませんね。


BMW X3 EV x540e
BMW EV


➡︎◻︎遂にX3にEVパワートレイン搭載決定
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する