fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

何故かノルウェー? ポルシェEV「Mission E」の先行受注を開始。

発売前から鳴り物入りの評判なのが
ポルシェEV「ミッションE」です。
遂にノルウェーで予約を開始したとの事。



ポルシェが同社初のEV「Mission E」の先行受注をノルウェーで開始しました。

ポルシェ ミッションE EV


システム出力は600ps、 0 –100km/h 加速が 3.5秒(0 –200km/h 12秒)の俊足で、満充電時の航続距離は500kmを超えるそうです。モーターを車両前後に搭載しており、2基のモーターで前後アクスルを駆動。ブレーキング時には効率的に運動エネルギーを回生します。



充電用のコネクトプラグがフロントフェンダー部に配置されており、800Vによる高速充電の場合、15分程度で400kmの走行が可能。ポルシェではこの高速充電を 「ターボチャージング」 と呼んでいます。



また、床に埋め込まれたコイルの上に車輌を駐車するだけで、ケーブル接続を行うことなくアンダーフロアにマウントされたリチウムイオンバッテリーを充電できる「インダクティブ充電」にも対応。
ポルシェ ミッションE EV

昨年にはメルセデス・ベンツやアウディ、ジャガーなども新型EVの先行受注をノルウェーで開始しているそうで、EV時代の「911」を予感させるポルシェ「Mission E」の予約金は約28万円となっています。





非常に長い車体の床一面に巨大なバッテリーを積んでいます。
フロントボンネットの中には何もなくスカスカです。
(トランクになるんでしょうか)。
充電コネクターの格納扉が流石の格好良さです。

しかし何で各社ノルウェーで先ず先行予約を取るのでしょうか?
EV大国で補助があるのはもちろんなのでしょうが、
お金持ちや、新し物好きが多いとか?

EV電動化王国 ノルウェー
➡︎◻︎EV電動大国ノルウェー


テスラ モデルS P100D 航続距離

➡︎◻︎ポルシェ ミッションE、テスラモデルSに対する優位性


ポルシェミッションEクロスツーリスモ

➡︎◻︎ポルシェ ミッションE 派生車「クロスツーリスモ」



ポルシェ ミッションe

➡︎◻︎ポルシェ ミッションEは本当に2万台予約を取れるのか?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する