fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

もうちょっとちゃんと発売して欲しかった スバル初のPHEV「クロストレック(XV)PHEV」

スバルPHEVが遂に発売されるという。



スバルが同社初となるプラグイン・ハイブリッド(PHEV)について正式に発表した。米国では3番目に売れている「クロストレック」(日本名:「XV」)の2019年モデルで登場するという。クロストレックと言えば、先代は2013年にスバル初のハイブリッド車のベースにも選ばれたモデルだ。残念ながら新型PHEVモデルはまだ公開されていないため、ご覧の写真は先代の「クロストレック XV ハイブリッド」を掲載している。
新型クロストレック PHEVは、トヨタとの提携から生まれたという点においてスバル「BRZ」と似ている。スバルは、このハイブリッド技術がトヨタによるものだと明言しているが、水平対向4気筒エンジンと全輪駆動が組み合わされるというので、スバリストの皆さんにも安心してもらえるだろう。新開発のトランスミッションを採用し、他社のPHEVと同様に電気のみでも走行できるというが、その航続距離に関してはまだ明らかにされていない。他のクロストレックとは差別化された独自のスタイリングをまとい、発売は「年末に近い時期」になるというから、近いうちに写真やスペックも公開されるだろう。
スバル クロストレック XV phev



プラグイン・ハイブリッドのコンパクト・クロスオーバーは他にも多くはないが、現在販売されている車種でもなかなかの"つわもの"が揃っている。中でもクロストレック PHEVに一番近いライバルは起亜「ニロ PHEV」だろう。電気のみによる航続距離は26マイル(約42km)、ハイブリッド走行時は19.6km/Lという燃費を誇り、価格は2万8,840ドル(約315万円)から。そしてもう1台は三菱「アウトランダー PHEV」だが、こちらは電気のみによる航続距離が22マイル(約35.4km)、ハイブリッド走行時の燃費は25mpg(約10.6km/L)とやや競争力に欠ける。アウトランダーはその大きめのボディによる広い荷室が自慢だが、価格もベース・モデルが3万5,915ドル(約393万円:日本仕様の消費税込み価格は365万9,472円)からと、高めの設定になっている。



スバルの電動車両はコンセプト先行で中々発売されませんが、
一番つまらない(ワクワクしない)形で発売されることに。
しかも世界でスバル人気の最も高い米国です。
手堅い。
新型電動車「EVOLTIS」は出るのかどうか不明ですが
せめてフォレスターで出してくれたらと思いました。

追記

と言っていたらEVはフォレスターで開発することが判明しました。


スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト subaru visiv future concept


SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多目的車(SUV)の「フォレスター」とする方針を固め、開発を始めたことが24日、分かった。環境規制を強化する世界各国の動きに対応する。温室効果ガスを出さないEVを海外でも人気が高い主力車種で製造し、販売拡大につなげる。

 日本の自動車メーカーが手掛けるEVは日産が商品化で先行するほか、トヨタやホンダ、マツダも18年以降に中国などで相次いで発売する。EVはエンジン車に比べて運転感覚の違いを出すのが難しいと指摘されており、個性的な車づくりで支持を集めるスバルは開発力が問われる。
➡︎◻︎元記事に




スバル 2021年 フォレスターベースEV発売

➡︎◻︎スバル2021年EV発売記述 2016年8月


スバル viziv performance

➡︎◻︎スバルのエヴォルティスって?


東京モーターショー2015 スバル VIZIV FUTURE CONCEPT

➡︎◻︎2015年 モーター付viziv 東モスバルブース
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する