fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

発売された「レンジローバーPHEV」の高低差予測エネルギー最適化システムが凄いかも!

インド資本になって電動化にも積極的な
ジャガー・ランドローバーです。
今回発売された「レンジローバーPHEV」には
どうやら凄いシステムが載っている模様です。






ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」とプレミアム・スポーツSUV 「レンジローバー スポーツ」のラインアップにプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルを追加し、2018年6月27日より、予約受注を開始することを発表した。
ランドローバー レンジローバーレンジローバースポーツPHEV

今回、ランドローバーに初めて導入されたPHEVシステムは、INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力212kW/300PS)と高出力のモーター(最高出力85kW/116PS)を併用するパラレル・ハイブリッドだ。



INGENIUMエンジンとモーターの両方を合わせた最高出力は297kW/404PS、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速はレンジローバーで6.8秒、レンジローバースポーツで6.7秒を記録、最高速度はそれぞれ220km/hに達するとのことだ。

同時に、NEDC(New European Driving Cycle:新欧州ドライビング・サイクル)における燃費は両モデルともに2.8L/100km、CO2の排出量は64g/kmに低減し、パフォーマンスと高い効率性を兼ね備えている。


走行モードは、状況に合わせて、パラレル・ハイブリッド・モードとEVモードから選択できる。

パラレル・ハイブリッド・モードには、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーション・システムに目的地を入れルート設定すると、目的地までの高低差のデータを活用しモーターとガソリン・エンジンを最適に切り替えて、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO: Predictive Energy Optimization)機能」を備え、安心して効率よく走行することが出来る。
ランドローバー レンジローバーレンジローバースポーツPHEV

このPEOは、ナビゲーションに入っている高低差のデータを利用して最適化予測が行われるが、そのロジックの詳細は日本サイドには伝えられていないとのことだ。

ただ、イメージとしては、上り坂の後に下り坂がある場合、その先の下り坂での回生エネルギーを無駄にしないよう、あらかじめ上り坂で積極的にモーターを使うことで、下り坂でバッテリーが満タンのために回生エネルギーを捨てるようなことのないように制御されているのではないかとのことだ。


そして、モーターのみで走行し、ゼロ・エミッションを実現するEVモードでは、ラインアップのなかでも最高レベルの静粛性を確保しており、航続距離は最長51km(フル充電された状態での走行)となっている。

さらに、車両が充電中であれば、エアコン時の電力をケーブルから供給することで、車両側のバッテリーを消費することなく車内の冷暖房機能を起動でき、車内に乗り込む前に快適な空間を用意することもできる機能も備えている。



アウトランダーPHEVに乗っておられる方なら共感されると思いますが、
山道などを走った時に
電気をセーブしていたのに凄い下り坂があって思いのほか回生してしまった
経験が少なからずあると思います。

このエネルギー最適化予測プログラムは今後PHEVには欲しい機能かもしれませんね。
充電中のエアコン可能は、新型アウトランダーPHEV2019は可能だという
情報も。
電動車両も段々技術進歩していきますね。:
お値段は500万円からハイエンドモデルは2800万円だとか、、、

レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル

➡︎◻︎レンジローバーイヴォークはアウトランダーPHEVとお値段があまり変わらない



「Closer」「chainsmokers」チェインスモーカーズ ローバーのクローザー

➡︎◻︎全米ヒットのチェーンスモーカーズのMVにはローバーが登場
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する