fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

CX-5自動ブレーキ試乗中事故のニュースに各社搭載車オーナー震撼

cx5

 埼玉県深谷市にある自動車販売会社の駐車場で10日に開催された新車試乗会で、マツダ(広島県府中町)の普通乗用車「CX-5」に搭載された前方の障害物を検知しブレーキを自動制御する機能の体験中、車がフェンスに衝突する事故があった。運転していた会社員男性(39)が首を捻挫するなど軽傷、助手席にいたマツダオートザムの従業員男性(22)が腕を骨折する重傷を負った。県警深谷署が詳しい事故の原因を調べている。

以上ニュース記事より
同様の機能搭載車両オーナーは、一気に心配モードになったのでは
ないでしょうか。

以下マツダのHPより

スマートシティブレーキシステム
約4~30km/hでの低速走行中、フロントガラスに設置したセンサーで前方の車両を検知し、衝突の危険性が高いと判断するとブレーキを自動制御します。このとき、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

近赤外線センサーの様です。各社システムは様々で
すが、簡単には試せない機能なので肝心な時に作動するか
不安になります。(((・・;)
但し、機能が作動して
事故にならなかった事は報道されません。
マツダ様頑張って試乗やめないで下さい。
こうやって技術は進歩していくものです。

Psやはりしばらく中止だそうです
原因究明後の再開を期待します

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する