FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱アジアの人気ピックアップトラック「トライトン」ダイナミックシールド顔にモデルテェンジへ

これは!
今年度の海外用新車の一台はやはり「トライトン」では?
と思わせるニュースが飛び込んできました。



三菱自動車は、第6世代となるピックアップトラックの「トライトン」の次期型モデルと思われる画像を公開した。
三菱 新型トライトン

詳細情報は明らかにされていないが、「エクリプスクロス」や「アウトランダー」でも採用になっている三菱の新しいフェイスデザインのダイナミックシールドが採用され、スタイリッシュなデザインに仕上げられていることがわかる。


三菱のピックアップトラックの始まりは、1978年9月に発売された「フォルテ」が第1世代のモデルとなる。

その後、1986年3月に第2世代ピックアップトラックとして、「ストラーダ」が登場。そして、1995年11月に第3世代ストラーダへバトンタッチしている。




2005年8月には、第4世代のピックアップトラックとして「トライトン」という新しい名前で登場。これまでの角形デザインから一新し、丸みを帯びたスタイルにチェンジした。

このモデルは、タイで生産され、日本へ2011年まで輸入されていたが、その後日本での販売は終了している。
三菱 トライトン


そして、タイでは2014年11月に第5世代となる現行モデルのトライトンへとモデルチェンジし、4年が経過している。

次期モデルの日本への導入の可能性は低いと思われるが、日本市場でのSUV人気やトヨタ「ハイラックス」の販売再開などもあるので、次期モデルが再び輸入される可能性もある。

第6世代トライトンがどのようなピックアップになるのか続報を期待したい。


➠元記事に

三菱 中期計画 2019

➠□三菱中期計画上の海外新型車はこれか?

バンコクモーターショー2018 三菱 タイ

➠2018タイモーターショーに並ぶ現行トライトン

三菱自動車 バンコク
➠□小生バンコク出張2三菱車がいっぱい
➠□小生 バンコク出張時に見た現行トライトン
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する