FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ルノー、日産、三菱3社とGoogle技術提携

やはり組む相手はグーグルなのでしょうか、
アマゾンやアップルとはどうする?



ルノー日産自動車、三菱自動車工業のアライアンス3社とGoogleは9月18日、技術提携を結んだことを発表した。この提携により同アライアンスの車両にAndroid OSを搭載し、高度なインフォテインメントやドライバー向けアプリを複数のブランドと車種で展開するとしており、この次世代インフォテイメントシステムを2021年から搭載していく予定であることが明かされた。
ルノー日産三菱アライアンスグーグルと提携
 今回のインフォテインメントに関するパートナーシップは、2022年の終わりまでに年間1400万台以上の販売台数を目指す中期計画「アライアンス2022」の中で掲げている、コネクティビティとクラウドベースのサービスをより多くの車両に搭載していく取り組みの一環として発表したもの。

 この技術提携により、Android OSをアライアンス各社が販売する車両で使用するとともに、Google マップによるターンバイターン表示のナビゲーションや、Google Play ストア上の豊富な自動車用アプリの利用、内蔵するGoogle アシスタントを活用した音声による電話・メールへの応対、メディアの操作、情報検索や車両機能の管理が可能になるという。このシステムは、Apple iOSに代表される他のOSを搭載しているデバイスにも対応するとのこと。
三菱コネクト Google home Amazon Echo リンク

 今回の発表についてルノー日産三菱自動車で事業開発を担当するアライアンス シニアバイスプレジデント(SVP)のハディ・ザブリット氏は、「現在は車外もしくはモバイル端末を対応車両に繋ぐことで利用できる優れたユーザー体験を、このGoogleとのパートナーシップにより、提供することが可能になります。Google マップ、Google アシスタント、Google Play ストアなど、多くのユーザーが慣れ親しんでいるGoogleのアプリケーションやサービスに加え、パワフルかつシームレスなコネクテッド体験を我々の車両を通して提供していきます」とコメント。


 また、ルノー日産三菱自動車でコネクテッド車両の開発を担当するアライアンス グローバルバイスプレジデント(GVP)のカル・モス氏は、「Androidプラットフォームをインフォテインメントシステムに組み込むことで、新しいレベルの知能をわれわれのコネクテッドカーに加えていきます。将来的にGoogle アシスタントはGoogleの優れたAI(人工知能)技術を使い、お客さまと車両とのやり取りの主要な手段となります。Google マップとGoogle アシスタントをアライアンスのインフォテインメントシステムに組み込むことで、お客さまは最先端のAIベースのアプリケーションをすぐに利用できるようになります。そして、Google Play ストアに車内からアクセスすることで、お客さまはオープンで安全な自動車用に設計されたAndroidアプリのエコシステムを満喫することになるでしょう」と述べている
ルノー日産三菱アライアンスグーグルと提携





他のOSにも対応という事で一安心ですが、
ややグーグル寄りに技術開発が行われると思った方が良いようですね。

Android端末をiPhone に変えようか悩んでいる小生にとっては
気になる記事でした。


さらに深読みした、グーグル等のAIを駆使する会社に
クルマの頭脳を預けてしまうと、電池との組み合わせで
自動車メーカーの産業障壁がなくなり、大変な時代になると
警告する記事もありました。
以下にリンクを貼っておきます。

➡︎◻︎ルノー日産三菱 グーグル提携の深すぎる意味


グーグルホーム が我が家に 東急ケーブルテレビ 景品進呈

アマゾン エコー 接続

➡︎◻︎三菱は既にGoogle home Amazon echoと連携できるシステムを開発済
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する