FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

だんだん羨ましさが増して来た。アウトランダーPHEV2019モデル試乗レビュー

アウトランダーPHEV2019モデル発売から一ヶ月が過ぎて
国内の試乗レビューが多く上がってくるにつれて、
だんだん羨ましさが増して来た今日この頃です。
今回はスポーツモードの記述。



前部略

もともとこのアウトランダーPHEVは経済性の追求だけではなくスポーツモデルとして快活に走ることを目指した設計となっていますので、モーターでの走りは敏しょうで気持ちがいいのです。

三菱 新型アウトランダーPHEV2019モデル スポーツモード


そこへ今回のマイナーチェンジで駆動用バッテリーが12kwhから13.8kwhに増大するとともに、リヤモーターも駆動出力を12%アップし、ジェネレーター出力も10%アップ。さらに車両運動統合制御システムのS-AWCにはスポーツモードが追加されています。



このスポーツモード選択時にはコーナーで旋回力が強まりつつ、加速力も向上するような制御がなされていますので走りの敏捷性にはさらなる磨きがかかっています。

一方でエンジンの大排気量化は絶対的な走行性能アップという側面よりも、低回転での発電容量アップに主眼が置かれ、これがひいては静粛性へと貢献しています。従来は非常に静かなEV走行モードからエンジンが始動する際、音に関して大きなギャップがありました。

今回、トルクに余裕がある2.4Lとなったことで同じ力を得る際にもエンジン回転数を低めることができるため、全体の静粛性はかなり大きく向上しています。

三菱 新型アウトランダーPHEV2019モデル スポーツモード



アウトランダーPHEV、今回のアップデート内容はかなり大きなものでした。


➡︎◻︎元記事に

うーむ。
これは乗ってみたいかも。
電動車両の良さが発揮された、ベースはオーソドックスな乗り味ながら、
スポーティにもボタン一つで変身できるクルマに
なっているのかも。
このモードボタンはちょっと羨ましいです。
LINE スタンプ



三菱アウトランダーPHEV 2019モデル カタログMitsubishi Outlander phev 2019 japan

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2019モデル レビュー等まとめ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する