'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

東レや住友化学、ブリヂストンによる4割軽い合成樹脂EV

内閣府プロジェクトによるオールジャパン合成樹脂EV
試作されている様です。



東レや住友化学、ブリヂストンなどは、主要な部材を合成樹脂に置き換えた電気自動車EV)を公開した=写真。モーターなどの駆動部分やバッテリーを除いて金属やガラスを使っていない。車体の重さは全体で4割ほど軽くなり、一回の充電で走行できる距離を大幅に伸ばせるとみている。



試作した電気自動車はコンセプトカーで、大学や素材メーカーなどが参加する内閣府のプロジェクトで試作した。大学の研究成果をもとに、参加したメーカーが改良し、強度や耐久性を大幅に向上させた。
東レや住友化学、ブリヂストン合成樹脂EV

車体の構造部分は東レが開発した炭素繊維で強化した樹脂を使い、金属のほぼ半分の重さにした。部材の1カ所に力が集中しないようにし、耐久性は従来の炭素繊維強化プラの約3倍に高めた。
東レや住友化学、ブリヂストン合成樹脂EV

2種類の樹脂をもとに住化が作った透明樹脂は、フロントガラス用の強度試験で割れないことを確かめた。ブリヂストンは分子構造を網目にすることで亀裂が入りにくいゴムを開発、タイヤを薄くして軽量化した。



世界に誇る東レの炭素繊維を使ったボディ素材は、既に世界の航空機にも使われています。
コストが下がってくれば全部ではなくてもルーフやボンネットに使用するだけで
EVの航続距離延長に役立つと考えられます。
長年常識だった自動車ボディにおける「鉄に代わる新素材」これには期待したいですね。


旭化成 AKXY EV

➠□旭化成とGLIMによる EV


新型プリウスPHV 炭素繊維

➠□プリウスPHVの炭素繊維

BMW 虎ノ門ショールーム


➠□勉強になりましたBMWのショールーム
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する