'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

PHEVパワートレインも選べる時代に、新型ボルボ「V60」に2種のPHEV発売


同じ車種の中で
ガソリン車の排気量、ガソリン車とディーゼル、
ガソリン車とHV等のパワートレインが選択できるのは既に一般的ですが、
ボルボは遂にPHEVで選べるパワートレインを準備してきました。




ボルボ・カー・ジャパンは2代目となるプレミアム・ミッドサイズステーションワゴン「V60」をフルモデルチェンジし、2018年9月25日から発売を開始した。

NEW ボルボ V60 VOLVO PHEV

新型V60は、1990年代に登場しボルボ・エステートの人気を決定づけた「ボルボ850」や歴代「V70」の伝統を受け継いだ、ボルボ販売の主力となるステーションワゴンだ。

クリーンでダイナミックなボルボの新しいデザインで統一されたエクステリアや、スウェーデンのクラフトマンシップを駆使した上質なインテリアを採用。パワートレーンにはガソリンエンジンの他に、出力の異なる2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定し、PHEVモデルの選択肢を拡大している。

中略

パワートレーン
新型V60には、燃費とパフォーマンスを両立するボルボの新世代パワートレーン(Drive-E)のガソリンエンジン1種類と、2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定している。そして全てのパワートレーンは、高効率の8速ATを組み合わせる。

ガソリンエンジンは高回転まで優れたレスポンスと伸びやかなドライビングフィールを生み出すハイパフォーマンスな2.0L 4気筒直噴ガソリンターボエンジン「T5」を搭載。最高出力187kW(254ps)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発揮し、余裕のあるスポーティな走りを実現する。

NEW ボルボ V60 VOLVO PHEV

PHEVは、Drive-E 2.0L 4気筒スーパーチャージャー+直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたユニット2種類をラインアップ。「T8 ツインエンジン AWD」はスーパーチャージャーとターボチャージャーにより最高出力233kW(318ps)と発電用の34kW(46ps)モーター、リヤは駆動用の65kW(87ps)のモーターを組み合わせパワフルな走りを実現。


「T6 ツインエンジン AWD」は最高出力186kW(253ps)+リヤ・モーター65kW(87ps)でパフォーマンスと、さらなる高効率を追求した新ユニットだ。高性能ガソリンエンジンで前輪を駆動させ、87psの高出力電気モーターで後輪を駆動する。走行状況などに応じて高効率のハイブリット、EV走行の選択も行なうことができる。

なお、T8ツインエンジン、T6ツインエンジンのPHEVのデリバリーは2019年春以降の予定となっている。


➡︎◻︎元記事に

PHEVのニーズが増えてきたという証であるとともに、
PHEVもそれだけ技術や応用がこなれてきたということでしょう。
但し、ボルボのパワートレインはエンジンが主体、モーターが補完の
従来HV型のPHEVです。
なので同じ2Lのエンジンでもパワ寄りか、エコ走行寄りかで
選択できる様にしたものと思われます。
(但し2019年春以降発売らしいです)

三菱アウトランダーPHEVはこれらのシステムとは違ってEV寄りのパワートレインです。
ボルボとは考え方を変えて、同じエンジンを使用しながら、モーターやバッテリーのスペックを
変えた、EV航続距離の違うPHEVの選択肢を設けても面白いかもしれませんね。
走りの乗り味などはMCU内のコンピュータによるモード制御で変化できますし、
そういう意味では電動車寄りの三菱のPHEVの方が今後多様化するお客様のニーズには
対応しやすいパワートレインなのかもしれませんね。



ボルボ ポールスター1、2、3

➡︎◻︎ボルボの電動ブランド「ポールスター」


アウトランダーPHEV2019モデル

➡︎◻︎エンジンが大きくなるとEVらしくなったアウトランダーPHEV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する