fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

BMW 4輪駆動の新EV『i4』を2021年に発売

『i8』以来発売が止まったかに見えたBMW
EVが再び計画に乗りました。



BMWグループ(BMW Group)は、フランスで開催したパリモーターショー2018のプレスカンファレンスにおいて、現在開発中の「i」ブランドの新型EVBMW『i4』を2021年に発売すると発表した。
BMW『i4』を2021年に発売

i4はEVおよびプラグインハイブリット車(PHV)の『i3』、PHVスポーツカーの『i8』に続いて投入される iブランドの電動モデル。2017年秋に発表されたEVコンセプトカー、BMW『iビジョン ダイナミクス』の市販版となる。

iビジョン ダイナミクスのデザインは、BMWの4ドアクーペ、「グランクーペ」の未来形を提示したもの。現在、グランクーペには、『4シリーズ』と『6シリーズ』がある。iビジョン ダイナミクスは、「4シリーズ・グランクーペ」サイズのEVコンセプトカー。

モーターやバッテリーのスペックなど、EVパワートレインの詳細は公表されていないが、モーターが4輪を駆動する4WD。動力性能に関しては、0~100km/h加速が4秒以内。最高速は200km/h以上の性能を備える。またi4には、電動パワートレインのBMW「eDrive」の次世代バージョンを搭載。これにより、1回の充電での航続を最大700kmに引き上げるという。
BMW『i4』を2021年に発売

パリモーターショー2018のプレスカンファレンスには、BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長が登壇。「i4の発売によってBMWは2021年、市販EVを5車種ラインナップすることになる。これは、将来のモビリティへの強いコミットメント」と述べている。



全く新しいBMW のグリル形状
「新キドニーグリル」が採用されています。
サイドのウインドウにもこのデザインが採用されているのがユニークです。

ちなみに
キドニーグリルの由来は


キドニーとは英語で「腎臓」を意味しています。2つに並んだフロントグリルが腎臓のように見えるので、キドニーグリルと呼ばれています



BMW concept iX3


➡︎◻︎BMW もう一つのEV系列、BMW「iX3」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する