fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

引用「三菱ピックアップトラック、新型トライトン試乗記」

期待の三菱海外戦略車が、新型トライトンです。



三菱の主力1トンピックアップトラック「トライトン」がモデルチェンジし、新型となりました。タイでワールドプレミアされたトライトンは、その日のうちに試乗会を開催。縁あって試乗の機会を得ることができました。

三菱 新型トライトン


最初に乗ったコースはフラットダートの特設コースです。試乗車は6速ATのスーパーセレクト4WD-II。








搭載されるエンジンは2.4リットルのディーゼルターボで178馬力/430Nmのスペック。最大トルク発生回転数は2500回転と低く、極低速からグッと力強いトルクを発生します。基本構造は従来からある4N15型ですが、圧縮比を15.5まで落とすことで、NOx低減を中心とした清浄性を実現したエンジンです。

試乗したタイ仕様はさらに14.9まで圧縮比を低減しています。この圧縮比低減に貢献したのが、三菱が長年にわたって採用している可変バルブタイミング&リフト量調整のMIVECと、タービン容量を可変するVGターボチャージャー。



アクセルを踏み込むとグッと前にクルマを押し出す力強さを感じるとともに、ディーゼルエンジンとは思えないようなスッキリした回転上昇を感じます。エンジンの回転上昇にリンクする速度上昇の様子はじつに快適で気持ちのいいものです。

三菱 新型トライトン


トライトンはフロントがコイルスプリング+ダブルウィッシュボーン、リヤがリーフ式固定サスを使っていますが、リヤリーフスプリングとは思えない快適な乗り心地を実現しています。リヤのスプリングレートの見直しが行われているのですが、それ以上にショックアブソーバーの容量アップが効いている印象です。

足まわりはしっかりと動きながらも、一発でその動きが抑制されグッとこらえます。ハンドリングにはシャープさもあり、ステアリングを切っていくと、スッと曲がり始めそのままグイッと曲がります。舵の効きがいいのはもちろんですが、安定性も高いものとなっています。



トラックでありながらも乗用車としても使える性能が求められるアジアの1トントラックのマルチパーパス性を思い知らされる試乗でした
→□元記事にcliccar




小生がタイで見かけたのは、トライトンの荷台に人間を積んで走っている風景です。
欧米でのレジャー用でない使い方がアジアでは見受けられます。


ワイドで間延びした新型デリカD:5のダイナミックシールド顔よりも
このトライトンのタイトな顔の方がアウトドアの三菱っぽくて
カッコいいように思ってしまうのですが、、、



三菱 ダイナミックシールド顔の違い 比較 デリカD:5 トライトン エクスパンダ–

➡︎◻︎新型デリカって?やりすぎたか?


三菱 新型トライトン L200


→□新型トライトン参上!

バンコク クルマ事情


→□バンコクで活躍 三菱現行トライトン
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する