fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

カルロス ゴーン氏逮捕に業界衝撃 今後の三菱は?

自動車業界に衝撃のニュースが、



日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕されたことを受け、日産と提携する三菱自動車の益子修・最高経営責任者(CEO)は20日未明、東京都内で報道陣の取材に応じ、「きょう夕方はじめて(逮捕の報を)聞き、大変驚いているというのが率直なところだ。長い期間ではなかったが、一緒に仕事をしてきたので、残念という気持ちもあるし、多くの方にご迷惑をおかけしたのも申し訳ないと思っている。中身がよくわからないので、信じられない」と述べた。
ゴーン氏逮捕

 一方、「逮捕されたのも事実だし、容疑の内容がガバナンスやコンプライアンスという問題でもあったので、会社としては会長職と代表取締役を解くと取締役会に提案することにした」などと語った。




大変な事になっています。
以前からゴーン氏の高額報酬に関しては疑問視されていましたが、
一方でリーダーとして成果も出していたのは事実です。
今後のルノー日産三菱アライアンスの動向が注目されます。
良いクルマが作られる方向のエネルギーになるといいいなと
切に思います。
三菱が良い傘下に入ったのは良いと思うのですが、
ゴーン氏が後任を選ぶ前に逮捕されてしまったのが、
今後吉と出るか?


以下記事でゴーン氏を振り返ります。

カルロスゴーンさん

➡︎◻︎ゴーン氏役員報酬10億円(2013年)


日産 ゴーン 三菱不正 会見

➡︎◻︎ゴーン氏が三菱支援に2000億円出資した勝算は?(2016年)



三菱自動車 ゴーン

➡︎◻︎ゴーン氏の野望(2016年6月)



ゴーン 益子

➡︎◻︎ゴーン流「人間の盾」利用企業統治とは(2016年11月)


三菱自動車株主総会 2017 ゴーン シナジー

➡︎◻︎ゴーン流「アメとムチ」(2017年11月)

ゴーン ルノー日産三菱アライアンス2022

➡︎◻︎ゴーン氏再任2022年迄まだまだやりまっせ2018年



三菱インドネシア新工場開所式 ゴーン 益子

➡︎◻︎似合ってないゴーン&益子バティックペアルック
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する