fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

米国で、三菱が2年連続で最も急成長したアジアブランドに

三菱の米国での好調が続いています。




三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国法人、三菱モータースノースアメリカは1月23日、2018年の米国新車販売において、三菱自動車が2年連続で最も急成長したアジアブランドになったと発表した。

北米三菱自動車 Mitsubishi Motors USA


三菱自動車の2018年の米国実績は、2007年以降では過去最高の11万8074台だ。前年比は13.9%増と、6年連続で前年実績を上回った。

販売の主力はSUVだ。『アウトランダー』は2018年、改良新型モデルが新記録となる3万7652台を販売した。前年比は6.6%増と、プラスを維持する。『アウトランダーPHEV』は4166台を売り上げた。2018年初頭に投入された『エクリプスクロス』は9485台と、販売増に貢献する。
北米三菱自動車 Mitsubishi Motors USA

また、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)は回復傾向にある。2018年は過去最高の3万9153台を売り上げ、前年比は18%増と2年連続のプラスとなった。SUV以外では、『ミラージュ』が2万4316台を販売し、前年比は8.6%増と前年超えを維持する。

三菱モータースノースアメリカは、2018年に発売したクロスオーバー2車種がヒットしたことにより、2年連続で販売面の成功を収めることができた、としている
→■元記事に



三菱が生産撤退を決めてから欧州・北米の売上が上向いているのは
皮肉ですね。
それでも日本製が支持されているのかもしれません。
トランプ大統領には印象が良く無いでしょうけど。

そして三菱自動車の販売台数は、
日本の普通車は年間約3万台。
北米が上記のように約12万台。
一方インドネシア工場では、エクスパンダーだけで22万台生産。
ある意味極端な自動車メーカーですね。


ちなみに旧三菱イリノイ工場を使って
新興EVメーカーが電動SUVを生産するようです。


三菱自動車が、2015年11月をもって閉鎖した米国イリノイ州のMMNA(ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク)。同工場を取得した新興企業が、EVの生産に乗り出すことが分かった。
「リヴィアンオートモーティブが旧三菱自動車のイリノイ工場を改修し、2019年からEVを生産する」と発表している。
三菱自動車は2015年7月、米国生産からの撤退を発表。MMNAで現地生産する『アウトランダー・スポーツ』(日本名:RVR)』の生産を、同年11月末をもって終了。三菱の米国生産の27年の歴史に幕を下ろした。





米リヴィアン EVトラック SUV

➡︎◻︎リヴィアンオートモーティブとは


三菱インドネシア工場
三菱エクスパンダー輸出開始 インドネシア

➡︎◻︎インドネシア エクスパンダー絶好調



NY アウトランダーPHEV

➡︎◻︎久々に行ったアメリカでアウトランダーに遭遇
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する