fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

来年の東京オリンピックでの実現なるか?トヨタの自動運転車「e-Palette(イーパレット)」

東京オリンピックがいよいよ来年に迫ってきている今日この頃ですが、
東京の交通機関は外国のお客様をさばききれるのか?
心配なところです。
高速道路料金の値上げだけでは充分でないと思われます。
国を挙げての対策が必要です。




e-Palette(イーパレット)の概要:MaaS向けの多目的EV自動運転
トヨタ e-Palette(イーパレット)

トヨタの豊田章男社長は、2018年5月に発表された2018年3月期決算説明会の席で「自動車をつくる会社からモビリティ・カンパニーにモデルチェンジする」と宣言。
イーパレットは、移動や物流、物販など多目的に活用できるモビリティサービスを目指したMaaS(Mobility as a Service:移動のサービス化)専用次世代EV(電気自動車)のコンセプトカー。2018年1月に米ラスベガスで開催された「CES 2018」で初公開された。

CES 2018で展示したイーパレットは全長4800ミリ×全幅2000ミリ×全高2250ミリのサイズで、低床・箱型デザインにより広大な室内空間を確保している。荷室ユニット数に応じて全長4~7メートルほどの異なるサイズの車両を用意可能で、バリアフリーデザインによるフラットかつ広大な空間に、ライドシェアリング仕様をはじめホテル仕様、リテールショップ仕様といった、サービスパートナーの用途に応じた設備を搭載することができる

トヨタ e-Palette(イーパレット)

東京2020オリンピック・パラリンピックでイーパレットお披露目

トヨタは、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において①すべての人に移動の自由を(Mobility for All)、②水素社会の実現を核としたサステナビリティ(環境・安全)、③トヨタ生産方式を活用した大会関係者輸送支援―をテーマに据え、従来の車両供給の枠を超えたモビリティソリューションの提供を目指すこととしている。

この中で、イーパレットと付随する運行システムの提供を通じ、選手村での選手や大会関係者の移動を支援する方針だ。公式発表では移動以外への利用について言及されていないが、販売ブースや休憩スペースなど多目的に利用できることが「ウリ」なだけに、さまざまな場面で活用される可能性もありそうだ。
➡︎◻︎元記事に



バスの運転手も足りないと思われるので、
自動卯運転EVの採用は問題解決には有効だと思われます。
但し法整備含めて、既に間に合わない?のかもしれません。

ニッポンの腕の見せ所です。


メルセデス ビジョン アーバネティック


➡︎◻︎メルセデスの変身自動運転車コンセプトメルセデス ビジョン アーバネティック


Renault EZ-GO Concept ルノー イージーゴー 完全自動運転タクシー


➡︎◻︎2018ジュネーブでのルノーの全自動運転タクシーRenault EZ-GO Concept
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する