fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

2億円のぶっ飛びSUV『Karlmann King(カールマン・キング)』

今日紹介するのはは電動車両ではありません。
とんでもない豪華SUVです。




ブラックアウトされたこの異形のクルマは、れっきとした市販SUVだ。その名を『Karlmann King(カールマン・キング)』という。
Karlmann King(カールマン・キング)』
2017年11月のドバイ国際モーターショーで初披露され、その際には世界各国から集まった名だたる自動車評論家やジャーナリストが驚きの声を上げて車両に駆け寄ったほどだった。

中東屈指の金融センターという土地柄もあり、ドバイ国際モーターショーには毎年、浮世離れした特別仕様の贅沢なクルマ、型破りなクルマが数多く登場する。そのドバイでも、これほどインパクトのある外観のクルマは滅多に見ることができないに違いない。

『カールマン・キング』は、北京に本社を置く中国企業「IAT Automobile Technology(IATオートモバイル・テクノロジー)」が企画・開発した。
Karlmann King(カールマン・キング)』

車両を製作したのは、ヨーロッパから集められた1800人ものトップ技術者からなる特別な自動車設計チーム。その開発コンセプトは「ハイエンドカスタムメイドのSUV(地上ステルス戦闘機)」「前例のないデザインと饗宴体験を世界の自動車ファンに届けよう」というものだ。

ベースとなったのは、フォードのピックアップトラック『F-550』。6.8LのV10エンジンを搭載し、このパワーユニットを載せる強固なシャシーに、独自に開発したダイヤモンドのブリリアント・カットデザインのボディを架装している。
ステルス機 F117

とりわけ、そのマットブラックのカラーリングはアメリカ空軍のステルス戦闘機『F-117 ナイトホーク』をイメージさせ、それが世界に類を見ないデザインポイントとなっているのだ。

ドバイと北京で公開されたこと、そして防弾仕様のオプションやケタ外れの豪華な内装などを考えると、このクルマが中東や中国の超富裕層に向けたSUVであるのは間違いないだろう。
Karlmann King(カールマン・キング)』

そのため、プライスも桁外れだ。車両本体が約2.3億円、カスタマイズやオプションも加えると約4.3億円という途轍もない価格がつけられている。12台のみの限定生産となるそうだ。
➡︎◻︎元記事に




中東の石油王のお金が余っている人が、
買いそうなとんでもないクルマです。
これなら砂漠の中でも快適に過ごせそう?

これを見たら以前見た映画 邦題「ロックダウン」(原題monolith)
に出てくるクルマ「モノリス」を思い出しました。
映画 邦題「ロックダウン」(原題monolith)
砂漠の中で人工知能の暴走により制御不能に陥ったハイテク車
から子供を救い出す映画なのですが、、、
映画 邦題「ロックダウン」(原題monolith)
これがフォードエクスプローラを改造した、
真っ黒なクルマです。
まるで今回紹介のKarlmann Kingみたいです。



以下とんでもないクルマ2台。


RIPSAW TANK EV2


➡︎◻︎まるでSF 「RIPSAW TANK EV2」



コンセプトEV「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ」

➡︎◻︎「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する