fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱ジュネーブの第3報から推測する、次期アウトランダーPHEV

今年の三菱ジュネーブの第3報です。



三菱自動車は、3月5日から17日までスイスで開催される「ジュネーブモーターショー2019」で、新世代SUVコンセプト『エンゲルベルクツアラー』およびコンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露する。

エンゲルベルクツアラーは、同社ブランドメッセージ「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィー「Robust & Ingenious」に基づく意匠を採用し、電動化技術によってSUVとしての魅力を高めた新世代のクロスオーバーSUVだ。「エンゲルベルク」はスイス有数のスキーリゾート。フリーライドスキーのように、「行動範囲を広げたい、様々なことに挑戦したい」というドライバーの気持ちに応えるクロスオーバーSUVとして提案する。
三菱 エンゲルベルクツアラー MITSUBISHI engerbelk

ASXの2020年モデルは、エクステリアデザインを大幅に刷新。フロントビューは、バンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成し、バンパー下部をスキッドプレート形状とすることで力強さ・堅牢さを表現した。また、スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)も改良を施し、ディスプレイサイズを7インチから8インチに拡大したほか、USBメモリーに保存した動画をSDA画面上で視聴できるようにした。
l200 MITSUBISHI dendo drive house

さらに、1トンピックアップトラック『L200』(欧州仕様)の2020年モデルを欧州初披露する。新世代の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用した力強いデザイン、オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全・運転支援技術などを採用。パワートレインは、2.2リットルクリーンディーゼルエンジンに6速ATを組み合わせることにより、滑らかで力強い加速性能とし、静粛性も向上させている。

また、電動車の購入とあわせてV2Hを中心とした家庭用システムを提供する新サービス「電動DRIVE HOUSE(DDH)」のデモンストレーションを実施する。DDHで必要なシステム機器をブース内のモデルハウスで再現し、太陽光発電システムによる電動車への充電、電動車から家庭への電力供給などを展示。電気代や燃料代の節減や緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮など、様々なメリットをわかりやすく紹介する。
⇒□元記事に




今年は少しづつ公開されるネタがあっていいですね。
注目の
『エンゲルベルクツアラー』は、キャリアもしくはルーフレールを背負ってますが
ライトの形状から
やっぱり「GT-PHEV consept」
の変化形であることがほぼ判明しました。

三菱 GT- PHEV コンセプト
三菱 GT- PHEV コンセプト
次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept




MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシ エンゲルベルク ツアラー)」
⇒□次期アウトランダーPHEV?三菱エンゲルベルクツアラー登場

もう一つの注目点は、電動ドライブハウスの
アイコンです。
「DENDO」という日本語を使っているのが、欧州人受けを狙っている感もしますが、
イラストのダイナミックシールドの語りが今回の「エンベルベルクツアラー」や
「E-Evoluton コンセプト」の様なスクエア型になっていることです。
(「現行アウトランダーPHEV」や「エクリプスクロス」の様な尖った
形ではないという意味です)

ということは次世代の電動車(次期アウトランダーPHEV等)には
このスクエアなダイナミックシールドが採用されることが決まった様にも想像できます。
(もしくはスクエア型が主流になる?)

なぜならばこういうマークやアイコンはしょっちゅう変えるものではないので
少なくとも数年は継続するような普遍的な記号にすることが定石だからです。

そんな想像をさせる今回のジュネーブ情報でした。








東京オートサロン2019 三菱「エクリプスクロス」カスタムカー 純正用品装着車

⇒■東京オートサロン ダイナミックシールドイルミネーション


三菱GT-PHEVコンセプト Mitsubishi gt-phev concept


⇒■2016 三菱GT-PHEVコンセプト

三菱 ダイナミックシールド顔の違い 比較


➡︎◻︎ダイナミックシールドの進化




三菱ダイナミックシールドデザイン


➡︎◻︎ダイナミックシールドの進化


三菱 新型ASX RVR2020

→⬜新型RVRもスクエア型に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する