fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

最近のネーミングの主流はこう言う感じ?新型電気自動車『ホンダe』

ホンダの新型電気自動車のブランド名は「e(イー)」?




ジュネーブモーターショー2019におけるホンダのトピックは、新型電気自動車ホンダe』(ホンダイー)プロトタイプモデルの世界初公開だ。
Honda e ホンダ イー プロトタイプ ジュネーブ

これは、2017年の東京モーターショーで公開されたコンセプトモデル『アーバンEVコンセプト』をベースに市販に向けて進化させたモデルで、全長4m級のコンパクトな電気自動車である。航続距離はWLTPモードで「200km以上」とアナウンスされた。
Honda e ホンダ イー プロトタイプ ジュネーブ

ホンダeは現時点ではプロトタイプだが、ホンダは「本モデルをベースとした電気自動車を、2019年後半に生産開始する予定」と公表。日本でも販売する予定だという。
Honda e ホンダ イー プロトタイプ ジュネーブ

展示車両を見るとバンパーには超音波センサーまで組み込まれ、インテリアではAピラー内側に「SRSカーテンエアバッグ」のロゴまで入っている。それが意味するのは、プロトタイプとはいえほぼ市販車に近い車両だということ。開発責任者の人見康平氏によると「ほぼ95%が市販仕様と同じ。違いはボディカラーとタイヤの張り出し、フロントグリルのエンブレムが光ることくらい」とのことだ。
Honda e ホンダ イー プロトタイプ ジュネーブ

展示車両は市販仕様よりもタイヤが外側に張り出しているものの「ホイールやタイヤ自体はかわらない」という。

プラットフォームは新開発のEV専用タイプ。驚くのは前輪駆動ではなく後輪駆動だということである。人見氏によるとその理由は「大きなタイヤを履いているので前輪駆動だとタイヤ切れ角が十分にとれないから。そして単に効率だけではなく運転する喜びも盛り込んだクルマ作りをする上で、やはり後輪駆動のほうが楽しいから」と説明する。
➡︎◻︎元記事に




VWの電気自動車が「I.D.」改め「Neo」?
メルセデスの電気自動車が「EQ」
アウディが「e -tron」
BMWが「i-NEXT」
等と昨今は「プリウス」「インサイト」
の様な具象名ではなくて「記号名」
がそのままブランド名になる例が多い様に感じます。


これまた超直球の「ホンダe」

グリルが全面透明な樹脂で覆われていなくなったのは少し残念ですが、
レトロモダンなコンセプトをセンス良く上手に実現できています。
サイドカメラの映像を写す液晶の処理など
インテリアは素晴らしい出来じゃあないかと思います。
急に後輪駆動になったのも驚きです。
ほぼこのまま市販されるか注目しましょう。



ホンダ 新型EV インテリア urban ev

➡︎◻︎ホンダ新型EVのインテリア


ホンダ URBAN アーバンEV


➡︎◻︎ホンダ新型EVのデザインは斬新か?


東京モーターショー2017 ホンダブース HONDA URBAN EV CONCEPT

➡︎◻︎東京モーターショー2017で見たホンダ アーバンEV


N lab S660 NEO CLASSIC 東京オートサロン2016

➡︎◻︎ホンダのS660とN -BOXのレトロ調カスタムカー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する