fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日産がジュネーブに展示したコンセプトカー「IMQ」はEVではなく「eパワー」搭載車

今日は日産のコンセプトカーを紹介します。




ノートやセレナで大評判。販売台数も凄いことになっていますよね、日産の「e-POWER(イー・パワー)」。これはエンジンを積んだハイブリッドカーですが、エンジンは発電専用。駆動力はモーターで生み出す、いわゆる「シリーズハイブリッド」と呼ばれるタイプ」の仕掛けです。

日産 IMQ ジュネーブモーターショー2019


電気自動車と違って充電などは必要なく、一般的なエンジン車と同じくガソリンを入れれば走行可能。それでいて燃費に優れ、電気自動車のようなモーターならではの爽快な加速を味わえるのがメリットです。

ジュネーブモーターショーで世界初公開されたのが「IMQ」という映画「007」でジェームス・ボンドが所属している組織の名前みたいな車名のコンパクトクロスオーバーSUV。「次期ジュークを示唆しているのでは?」なんて事情通はささやいていますが、果たしてどうでしょうかね?

日産 IMQ ジュネーブモーターショー2019


気になるのは、パワートレインが「e-POWER」だってことですよ。だって「e-POWER」メリットが多いし一般道の速度領域(特に市街地)では効率がいいので燃費も良好ですが、高速巡行で速度を高めていくと機構上効率が落ちてしまう(モーター駆動車は高速領域が得意ではありません)。欧州といえばドイツのアウトバーンに代表されるように超高速走行可能な道路があり、流れも日本の高速道路より速い。

はたしてそんな環境に「e-POWER」がしっかり対応できるのか、気になるところです。

日産 IMQ ジュネーブモーターショー2019


ちなみに日産は「今後2年のうちに『e-POWER』を欧州へ投入」と宣言。これはちょっとした事件です。果たして、ウィークポイントを解消する秘策はあるのでしょうか?
➡︎◻︎元記事に




本当にそうですね。
EVの弱点は高速道路。
同じくシリーズハイブリッドのe-POWERも
高速ではどんどん電気がなくなって
ブンブンエンジンが回ってしまいます。
さて欧州で受け入れられるのか?
パリ市内用としては〇だがドイツアウトバーンでは×では?


日産『IMs』


➡︎◻︎2019デトロイトでのEVスポーツセダンの「IMs」

日産 IMx KURO

="⇒□2018年ジュネーブに登場日産「IMx KURO



東京モーターショー2017 日産ブース NISSAN IMX CONCEPT

⇒□2017東京モーターショーでの日産IMx


日産 NISSAN IDS Concept 東京モーターショー



⇒□自動運転収納式ハンドルの2015日産IDSコンセプト
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する