fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日本電産インホイールモーターの開発に成功 2023年に市販車に搭載?

電気自動車の新しいシステム
インホイールモーターを日本電産が
作ったという情報が。



日本電産がEVの駆動輪内に直接搭載する小型インホイールタイプのトラクションモーターを開発したと発表しました。
日本電産 インホイールモーター EV

20インチホイールに収まるサイズで32kgと小型軽量ながら1基で100kW と、1,800ccクラスのガソリンエンジンに相当する出力を発生。



FR、FF、4WDいずれのタイプの車両にも搭載可能となっています。

インホイールタイプモーターの特徴として、トランスミッションやドライブシャフト等による摩擦抵抗が無いため、動力伝達効率が高く、小型・軽量化が期待できるほか、駆動輪ごとの独立制御によるトラクションコントロールシステムやESC(横滑り防止装置)の性能向上が期待できるとしています。

5月に量産車に搭載予定のシステムを応用・発展させたもので、同社では2023年頃の量産を目指しているそうです。

昨今、CO₂による地球温暖化や排気ガスによる大気汚染などで、環境・エネルギー問題が世界的に高まりをみせており、自動車メーカー各社が電動化を加速させるなか、同社では超小型モーターの磁気回路設計や、トラクション用モーターシステムの開発技術を活かし、低炭素社会の実現に貢献していく考えのようです。

【インホイールモーター仕様】

出力:100kW
トルク:1,570Nm
動作電圧:240V
減速比:1:6
重量:32kg
最高回転数:7,500rpm
冷却方式:油冷式
→⬜元記事に




個人的にずっとインホイールモーターは注目しています。
特に小型EVではかなり面白いクルマが開発できそうな予感がします。
1800ccに当たるパワーがあるならば
電動ホンダ660や電動ジムニー、パジェロミニ
なんかもどうでしょうか。
永守会長CEO素晴らしいパーツ開発よろしくお願いいたします。


追記
インホイールではありませんが、中国企業が
日本電産のトラクションシステムを採用したとの記事が出てました
そうか!そっちが期待の売り先だったんですね。


日本電産が電気自動車(EV)向けなどに展開する、「トラクションモーターシステム」と呼ばれる駆動部品が量産車に初めて採用された。中国車大手の広州汽車集団の子会社、広汽新能源汽車の新型EV「Aion(アイオン)S」に搭載される。日本電産はEVやプラグインハイブリッド車(PHV)向けに、同システムの開発を進めてきた。EVの重点市場と位置付ける中国を中心に、世界各国で拡販を加速する。

 同システムはモーターやインバーター、ギアを一体化した。最大出力は150キロワット、最大システム出力トルクは3900ニュートンメートル。同クラスのガソリンエンジンと比べて、重量は約半分の87キログラムと軽量化した。小型化により、車を設計する自由度も高まる。




ちなみに『Aion S』とは、、


中国・広州オートショー2018にて、中国の有名自動車メーカであるGACモーターが、テスラをライバルとする100%エレクトリックセダン「Aion S」を世界初公開しました。
中国・GACモータ 広州汽車集団「Aion S」ウルス似

来年中国にて発売予定の「Aion S」は、テスラのようなパフォーマンスを”リーズナブルな価格”にて顧客に提供できるように設計されたセダンであるとしており、抗力係数は0.245と空力学的要素においても優れていて、これはテスラ「モデル3」に匹敵するレベルにあるとのこと。


日本電産の心臓が入ったEV注目しましょう。


PSA シティコミューターコンセプト PHV

→⬜PSAグループのインホイールモーター採用シティコミューター

日産 ブレードグライダー

→⬜日産のインホイールモーター車ブレードグライダー



ovec-two i-MiEV インホイールモーター車 三菱

→⬜三菱と岡山大学が開発中のインホイールモーター車


インホイールモーター 日産


→⬜インホイールモーター車とは?日産の解説
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する