fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

フェラーリの3モーターPHEV「SF90 Stradale」EV航続距離25キロ一瞬で電欠?

今日紹介するのはフェラーリのPHEVです。



プロダクションモデルとしては前例がないほど高い性能を発揮するSF90 Stradaleフェラーリ SF90 Stradale PHEV
は、システム出力1000馬力を発揮し、パワーウェイトレシオは驚異の1.57。250キロで走行する際に発生するダウンフォースは390キロに達します。

 SF90 Stradaleに搭載される 90度V型8気筒ターボエンジンは、フェラーリの8気筒史上最高となる出力780馬力を誇ります。エンジンのパワーは8速デュアルクラッチトランスミッションを介してリアホイールが駆動され、これに1基のモーターによるアシストが加わります。

フロント・アクスルには2基のモーターが搭載され、左右のホイールを独立して駆動します。このシステムにより、SF90 Stradaleはフェラーリのスポーツカーとして初めての4WDとなりました(フェラーリ初の4WDは「フェラーリFF」)。搭載される3基のモーターの合計出力は220馬力に達します。
フェラーリ SF90 Stradale PHEV

 時速0から100キロまでの加速はわずか2.6秒、0から200キロまでの加速は6.7秒、最高時速は340キロに達します。フル・エレクトリック・フロントアクスル、 RAC-e(電子コーナリング・セットアップ・レギュレータ)を導入し、ビークルダイナミック・コントロールで完全に制御された車体は限界域でのドライビングをよりイージーに、そしてそれらをすべてのドライバーに提供します。

 SF90 Stradaleが搭載する完全電動の「eDrive」 モードでは、フロントアクスルに配置されたモーターのみで25kmのEV走行を可能にします。エンジンが稼働していない状態でも最高速度は時速135キロに達し、後退する際はモーターのみを使うため、エンジンを使用することはありません。

 エクステリアは、フォルム、技術、そしてパフォーマンスのシームレスな統合を強調してデザインされましたが、インテリアは更に革命的に仕上がっています。とくにインターフェイスを重視した航空機のようなラップアラウンド・コックピットになっており、車とドライバーの一体化を強調します。
フェラーリ SF90 Stradale PHEV

 中央のインストルメント・クラスターには16インチのデジタルHD画面が配され、ドライバーに向かって湾曲しています。エンジンとモーターがオフ状態になるとインストルメントは黒に変わり、コックピットの素晴らしくミニマリストな印象を際立たせます。

 中略

 SF90 Stradaleのボディサイズは全長4710mm×全幅1972mm×全高1186mm。前後重量配分はフロント45対リア55で、乾燥重量は1570キロです。
➡︎◻︎元記事に


ちなみに乾燥重量って何?と思って調べてみたら


乾燥重量(かんそうじゅうりょう、Dry weight )とは、一般的に自動車などの重量の定義の一つで、燃料やオイル、冷却水などを含まない原動機や車両自体の自重のことを指す。


という事らしいです。成る程です。
フェラーリには100リットル超えのタンクを持つクルマもあります。
それだけで70kgにもなりますね。


しかし0〜100 加速2.6 秒って?!とんでもなく早いPHEVです。


PHEV 0-100
アウトランダーPHEV 0-100

➡︎◻︎アウトランダーPHEVの0−100加速は何秒?

ポルシェ ミッションE EV

➡︎◻︎0−100 3.5 秒以下と言われるポルシェ EVタイカン(ミッションE)

電気自動車の0-100km/h加速 世界記録 1.513秒

➡︎◻︎当時の0ー100世界最速1.5秒
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する