fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱「待望の」エクリプスクロス クリーンディーゼル発売!

先週ディーラーさんからのDMを開いてみると
やっと「エクリプスクロス クリーンディーゼル」発売のお知らせが。
(eKクロスとの紹介チラシを掲載させて頂きました)



三菱自動車は、2019年6月13日、コンパクト・クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のディーゼル・エンジン搭載モデルを販売開始した。
三菱エクリプスクロス クリーンディーゼル発売チラシ

2018年3月に登場したエクリプス クロスは、これまで1.5リッター直列4気筒ガソリンターボエンジン搭載モデルのみの設定だった。
新たに設定されたディーゼル・モデルは、「デリカ D:5」などですでに導入済みの、2.2リッター直列4気筒コモンレール式ディーゼルターボ・エンジンを搭載。最高出力は145ps/3500rpm、最大トルクは380Nm/2000rpmを発揮する。
また、排出ガス浄化システムとして「尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)システム」を搭載。尿素水溶液であるアドブルーを使い、窒素酸化物(NOx)を浄化する。
三菱エクリプスクロス クリーンディーゼル ガソリン比較

組み合わされるトランスミッションは、8速オートマチックトランスミッションだ。
価格は、エントリーグレードの「M」の306万1800円から、特別仕様車「BLACK Edition」の342万4680円まで。



売りは①「加速がいい!」②「長距離運転も楽々!」③「ランニングコストが安い」
という事で、車両価格が少し(30万程度)お高くなる分良いですよという事でした。

三菱エクリプスクロス クリーンディーゼル ガソリン比較
外観に差はわかりませんが、
ボンネットを開けるとその差は歴然。
ガスクロスが少し間延びしている様にも見えるのと比較して、
クリーンディーゼルはみっしり詰まっている様にも見えます。
エクリプスクロス」はクリーンディーゼル搭載を前提にデザインされた
車だと言うことがよくわかります。
(但しこれでもアウトランダーPHEVのパワートレインは乗りません)

先述の③つの特徴をお求めの方には正に「待望の」
パワートレインの登場と言えるでしょう。
しかし一方で欧州中心に世界的ディーゼル離れが
進んでいるのは事実で、欧州でのディーゼル
市場の減退や中古車の価格低下は顕著なようです。日本でもピークアウトは明らかでしょう。

PHEVが乗るのにはもう少し待ちましょう。



エクリプスクロスPHEVの可能性 アウトランダーPHEV比較

➡︎◻︎エクリプスクロスPHEV2020年発売(2018年既述)アウトランダーより先か後か?

三菱エクリプスクロス担当者インタビュー

➡︎◻︎エクリプスクロス ディーゼル発売延期(2017年既述)


三菱 新型SUV エクリプス クロス MITSUBISHI eclipse cross

➡︎◻︎三菱エクリプスクロス スペック公開時は2パワートレインでした(2017年既述)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する