fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

メルセデスベンツのピュアEV「EQC」遂に日本発売1080万円也

遂にメルセデスベンツからメルセデスブランドの
ピュアEV「EQC」が日本でも発売になります。



メルセデス・ベンツ日本は7月4日、同ブランド初の100%電気自動車EV)「EQC」を発表しました。価格は1080万円(2019年10月1日以降の登録になるため、価格は消費税10%で算出 以下同)からです。

 EQCは、メルセデス・ベンツブランドの市販EV第1弾として満を持して市場投入する戦略的EVです。次期モデルからEV専門ブランドになる小型車ブランド「スマート」も含め、2022年までに10車種のEVを投入する計画を明らかにしています。
メルセデスベンツ EQC EV

 SUV(スポーツタイプ多目的車)とSUVクーペの中間とする「クロスオーバーSUV」スタイルのボディーに、容量80kWhのリチウムイオンバッテリーと2基のモーターを備えます。総合出力408馬力(300kW)、最大トルク765Nm(約78.0kgf-m)の強力なパワーを発生し、静止から時速100キロまで5.1秒(本国仕様)で加速するスポーツカー並みの走行性能を実現します。1回の充電で走行できる航続距離は約400キロ(WLTCモード)です。


前後2モーター仕様で、400キロ(WLTCモード)走行可能とする容量80kWhのリチウムイオンバッテリーを備える
 モーターは前後アクスルに1基ずつ備え、前後のトルク配分を動的に調整する高度な車体制御が可能。また低負荷走行時はフロントモーターのみを使うことで同時に効率化も図ります。標準の「コンフォート」、効率重視で電力消費量を抑える「エコ」、EVならではの鋭い性能を解き放つ「スポーツ」、カスタマイズモード「インディビジュアル」と、走行、サスペンション、ステアリング特性が異なり、ドライバーの好みや気分に応じてカスタマイズできるドライブモードを用意します。
メルセデスベンツ EQC EV

 車体サイズは4761(全長)×1884(幅)×1624(高さ)ミリ、ホイールベースは2873ミリ。バッテリーは、6kW(200V/30A)までの家庭用交流(AC)普通充電と、50kWまでのCHAdeMO規格に準じた直流(DC)急速充電に対応します。



これに加えてメルセデス日本はEVアレルギー、電欠恐怖症のある日本のお客様に対して、
以下のサービスを加えているそうです。



メルセデス・ベンツ日本はEQCのオーナーに対し、全国2万1000カ所以上の充電設備での1年間の無料充電や、自宅へ設置する普通充電器の無償提供、同社の他モデルを5年間で5回まで無料でレンタル可能とするなど、充電環境や長距離運転に関する周辺サービスの手厚さが目立った。上野社長は「EVにはお客さまの心のバリアがある。ディスアドバンテージをもたらさないように、(サービスで)払拭していこうという狙い」と述べた。EQCの価格は1080万円から。高級車ならではの至れり尽くせりのサービスで、ユーザーの心理的ハードルを取り除こうとしている。
➡︎◻︎元記事に


高級車ならではですが、
このフルサービスは非常に好感が持てます。


メルセデス ベンツ EQC EV

➡︎◻︎メルセデスベンツ EQC 年央から予約開始 (既報)


メルセデス・ベンツ ダイムラー EV EQC

➡︎◻︎EQC遂に2019年発売との報道2018年9月


東京モーターショー2017 メルセデスベンツ CONCEPT EQA

➡︎◻︎メルセデスベンツ2017年東京モーターショーでのEQA


メルセデスベンツ EV 投入計画 EQ

➡︎◻︎メルセデスベンツ2022年までに10種以上のEV中期計画
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する