'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

エクリプスクロス ディーゼルの評価と今後について

今日は久々にエクリプスクロスの話を紹介してみます。
追加されたディーゼルの評価がどうなんでしょうか?



(一部略)

技術面で三菱の強みである3本の柱を中心としたものになりつつあるようです。1本目の柱は、エンジンを車両の動力減だけでなく、駆動を切り離してバッテリー充電用の発電用としても使うPHEV技術。三菱のフラグシップであるアウトランダーPHEVのみに採用されているものです。PHEVは燃費はもちろんのこと、自家発電できることから屋外でも家庭用電源が使えるため、アウトドアで活躍するのはもちろんのこと、天災時のライフライン確保に役立つことでも知られています。
エクリプスクロス ディーゼル

 2本目の技術的柱は四輪駆動技術。4輪の駆動力や制動力をそれぞれ独立して電子制御し、最適な駆動状況が得られるようにした車両運動統合制御システムS-AWCは、ランサーエボリューションからの流れを汲むもので、ここで紹介するエクリプスクロスにも搭載。ガソリン車には二輪駆動モデルが用意されていましたが、ディーゼルは四駆のみランアップするあたりに、同車種にかける三菱の本気や自信を感じます。

 このS-AWCのボタンを触ると、路面によってグラベル、スノー、オートの3段階の切替が可能。ターマックとか書かれていると「ラリー」っぽい気分になるのですが、普段使いではオートで良いでしょう。


 そして3本目の柱が、本車種のメインテーマであるクリーンディーゼル技術。現在日本車でディーゼルエンジンに取り組むのは、トラックなどを除けばマツダと三菱だけといえるでしょう。ディーゼルは軽油を使うため、ガソリンと比べて燃料代がリッターあたり20円ほど低価格である反面、公害や騒音をはじめとするマイナスのイメージが強いかと思います。三菱は長年、この問題に取り組んできました。
アウトランダーPHEV2018年を振り返る 新型デリカD:5公開

 エクリプスクロスのディーゼル仕様に搭載する、2.2Lコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルターボエンジンは、デリカD:5に搭載されているものと同等のもの。その走りや走行性能はすでに評価されています。馬力は先行して販売しているガソリン仕様と同等の150馬力ですが、最大トルクが380Nm/2000rpmと、240Nm/2000-3500rpmであるガソリン仕様の1.6倍近くにまで増大。つまりガソリン車よりも力強い加速が得られるというわけです。

ちなみにエクリプスクロスはデリカD:5に比べて300Kg近く軽量化。つまりエンジンパワーに余裕があるのです。
(中略)


ディーゼルというとガラガラ音が大きい、滑らかさに欠ける、というマイナスイメージを抱いたまま試乗を開始しました。実際にエンジンをかけた状態で外に出ると、ガソリン車とは異なるエンジン音がします。ですが、走り始めると想像以上の静けさ、滑らかさに驚きます。筆者も数は少ないものの、各車イマドキのディーゼルエンジン車に乗った経験はありますが、ここまで静かで滑らかなものは初めての体験。いや、ディーゼルという括りではなく、ハイブリッド車を除いて各車同クラスのコンパクトSUVと比較しても、ここまでエンジン音が気にならないモデルはちょっと思いつかないほど。

 これはディーゼルらしい低域のトルクによりエンジン回転数を上げずとも走るという特質と、三菱が長年改良を続けてきた努力の賜物。加速の良さは、信号待ちからのダッシュで体験できます。ガソリン車のように踏むと、結構な勢いでダッシュし、わずかにショックはあるものの、8速ATが滑らかに変速して車速が上がっていきます。ちなみにガソリン車はCVTなのですが、この静粛性と滑らかさは同等以上の感を受けました。
→元記事に




成る程ね。
デリカD:5のエンジンをより小型で軽量なエクリプスクロスに積んでいるから、
パワーに余力があるんですね。
そしてその実感が、エンジン音がHV以上に静かだといところは、
非常に驚きました。
今のディーゼルは昔の印象とは違うようです。

しかし、ガソリン車との違いが、
スムーズなトランスミッションの切り替え、静かな走行音
と言うことになると、開発中のエクリプスクロスPHEVとの
ポジショニングが少し曖昧になりますね


エクリプスクロスPHEVの可能性 アウトランダーPHEV比較


➡︎◻︎エクリプスクロスPHEV 2020年発売?既報



→□エクリプスクロスにアウトランダーPHEVのパワーユニットは積めないのか考察

三菱エクリプスクロス モーターファン Mitsubishi Eclipse cross

→□エクリプスクロスPHEV開発に再着手!
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する