FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

横浜 SUVフェア2019を見に行ってみた ① 「輸入車と並ぶと国産はパンチが弱い?」

横浜SUVフェア2019
9月の初旬に、横浜美術館前の広場に、
国内外の最新SUV38台が展示されるという
「SUVフェア2019 」があったので、アウトランダーPHEVを
飛ばしてふらりと行ってみました。

横浜SUVフェア2019
輸入車、国産車がこれだけ一同に並ぶのは、珍しく、
SUVの買い替えを検討している方には良いイベントです。
(入場無料)何故か地元日産だけ不参加でした。
三菱もデリカD:5、アウトランダーPHEVの2台を展示してました。
以下気になったクルマの写真を、、、


横浜SUVフェア2019 アウディQ8
こちらアウディQ8。
最新のクーペスタイルで、SUVとしては超カッコいいです。
但しお値段は1100万円を超えますし、
全幅も1995らしいです。


横浜SUVフェア2019 ベントレー ベンティガV8
お次はSUVの最高峰、ベントレーのベンティガV8。
2000万円超のハイエンドSUVです。
(夏休みに熱海で初めて乗っている人を見ました)
このクルマだけ触れないようになってました。


横浜SUVフェア2019 BMW THE X7

お次はBMWのX7これまた、1000万超えのクルマです。
大きさは、5,165x2,000x1,835
お値段が手が出ないのはもちろんですが、
この最上位クラスは日本の庶民の家にはちょっと大きすぎる感じか。
X2、X5がいかにもジャストサイズでしょうか。
フロントグリルの処理がゴージャス。



横浜SUVフェア2019 ボルボXC90
次はボルボの最上位SUV、XC90
お値段は800万円から、
寸法: 全長 4,950 mm x 全幅 1,930 mm x 全高 1,760 mm
個人的には、後ろ姿は一番好きです。
(反対にフロントは嫌い)

横浜SUVフェア2019 メルセデス GLE 400
こちらも約1000万円のクルマ
メルセデスの新型GLE。
3列シートに、
直列6気筒エンジンとISGを搭載したGLE 450 4MATIC 。
大迫力です。但し個人的にメルセデスのデザインは
SUVには合わないと思っています。

横浜SUVフェア2019 テスラ モデルX
船橋市長が乗って一躍有名になってしまったクルマ
テスラ モデルXです。
巨大液晶パネルが目立ちます。
ファルコンウイングドアを跳ねあげて、後部トランクを
空けると、見たこともない空間が。

テスラ モデルX 市川市長 公用車

➡︎◻︎市川市テスラ公用車事件

横浜SUVフェア2019 レクサス新型RX
こちらは、MCを加えた新型レクサスRX。
フォグランプに向かう加飾のジグザグ処理がなくなって、
スッキリ高級車っぽい大人しい印象に。
それでも目のキツさと大型グリルの迫力で充分かと。

新型レクサスRX350

➡︎◻︎旧型レクサスRX
横浜SUVフェア2019 ランドローバー その他国産SUV アウトランダーPHEV

三菱、スバル、マツダ、ホンダの国産車もありましたが、
並居るインパクトの強い輸入車最新SUV軍団の中に入ると
どれもパンチが弱い気がしました。
サイズ感だけが日本車はちょうど良い感じがしました。
(マツダ X8 スバルフォレスターなど)
SUVが人気カテゴリーになってしまったので、
「普通のSUV」では、目立たなくなってしまいました。
そういう意味ではデリカD:5は、ある意味異彩を放っていました。

一方モデルチェンジ末期を迎えるアウトランダーPHEVは、如何にも
「モデルチェンジ末期」っぽいたたずまいでした。
6年前は当分他が追いつけない未来型パワートレインも
やや同質化してきました。
ここで三菱再度突き放せるか?。
次期型に期待したくなるSUVフェアでした。


一番乗ってみたいクルマは?編に続く、、、
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する