FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

メルセデス・マイバッハ 新型高級SUVの発表を予告 PHEVも

ベンツで充分高級ブランドですが、
メルセデスは、最上級ハイエンドブランドとして
「マイバッハ」を持っています。
今回は、そこに2000万円クラスのSUVを投入するとのことです。





メルセデス・ベンツは、GLSにマイバッハのエンブレムを与えた最上級モデルを11月に発表する予定だ。この新型高級SUVは、ベントレー・ベンテイガやレンジローバーSVオートバイオグラフィ・ダイナミック、ロールス・ロイス・カリナンなどの競合として市場に投入されることになる。

メルセデス マイバッハSUV

かつては独立した高級車ブランドだったマイバッハだが、2014年にメルセデスのプレミアム・サブブランドとして再編成された。その第1弾として発売されたのが、メルセデス・ベンツSクラスをさらに豪華に仕立てたメルセデス・マイバッハSクラスだ。そして今年11月、同ブランド初となるSUVの登場が予定されていることが、公式に発表された。
価格は邦貨換算2000万円前後

中略
メルセデス マイバッハSUV GLS

パワートレインは現行のGLSの最上級グレードと同じく、4.0L V8ガソリン・ツインターボ・エンジンに9速オートマティック・ギアボックスの組み合わせとなる可能性が高い。四輪駆動システムの4マティックと、Eアクティブ・ボディ・コントロールと呼ばれるアクティブ・サスペンションも標準装備となるだろう。内部関係者はフラッグシップとして6.0L V12ツインターボ・エンジンを採用する計画をほのめかしていたが、今のところ公式に確認が取れているわけではない。また、ガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド・ドライブトレインの開発も進んでいるようだ。後者は既にEクラスに搭載されてデビューしている。
→■元記事に



以前にも書きましたがサンダーバードのペネロープ号並みです。

現在の世界最高額のPHEVはポルシェだと思いますが、
これが開発されると、メルセデスが頂点の位置に立つものと
推測されます。
しかし2000万円となるともはや住宅物件並みです。
どんな人が買うのでしょうか?。

コンセプトEV「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ」

➡︎◻︎マイバッハ カブリオレが凄い

「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」

➡︎◻︎「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」

横浜SUVフェア2019 ベントレー ベンティガV8

➡︎◻︎1000万級のSUVが勢揃い SUVフェア2019 横浜

サンダーバード博


➡︎◻︎サンダーバード展
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する