EV先進地域EUでは主流の急速充電器は800Vに?フランクフルトより

2019年10月06日04:50  ★★★競合EV・HV 写真あり

こちらはEU、独フランクフルトモーターショーでの事




フランクフルト・ショー2019が9月12日に開幕した。リポートの第1弾は、EV電気自動車)に注目! 各社、内燃機関モデル以上にEVに力を入れていた。

.
いたるところに電気関連の文字

フランクフルト・ショー2019の会場は、“電気”一色だった。あらゆるブースに“Electric(電気)”や“Charge(充電)”などの言葉があふれていた。

広大な会場内では、ホールとホールを結ぶ通路を、試乗車が走る。ただし、走っているクルマは、メルセデス・ベンツ「EQC」や「ミニ・エレクトリック」、アウディ「e-tron」など、ほとんどがEV電気自動車)だ。

屋外の一角には、ヨーロッパ内で充電ステーションの設置を進めるIONITY(イオニティ)の急速充電器が4基並んでいた。説明員が「今朝来てほしかったな。発表されたばかりのポルシェ『タイカン』が連なって充電にやってきたんだ。それは壮観だったよ。テレビの撮影用に仕込んだんだけどね」と、述べる。
ポルシェ タイカンEV 800V急速充電器
会場に並んでいたIONITYの急速充電器は最新版で、最大350kWの出力を発生するという。急速充電器はいま、高出力化の流れが加速している。なぜなら、EVが搭載するバッテリーは、航続距離を延ばすために大容量化(80~100kWh)が進んでいるからだ。ちなみに、タイカンは93.4kWhの容量を持ち、WLTPモードで最長450km走るという。

バッテリー容量が大きくなるほど、充電時間も長くなる。充電時間を短くするには急速充電器の出力を上げればいいので、高出力化が進んでいるのだ。

ただし、充電器だけ高出力化しても不十分である。車両側も高出力に対応しなければならない。たとえば、ジャガー「I-PACE」は、最高100kWまでの充電にしか対応しない。
.

トレンドは800Vシステム

今回のフランクフルト・ショーでは、800Vの高電圧システムを搭載したモデルがいくつか展示された。注目はポルシェ「タイカン」で、市販車初の800Vシステムを搭載した。ちなみに、電圧が上がると充電時間は減る。

ポルシェ タイカンEV 800V急速充電器

現在多くのモデルが搭載する400Vシステムに対し800Vシステム搭載モデルは、充電時間が大幅に短縮される。また高電圧化によって、高電圧ケーブルを細くできるうえ、ボディも軽量化出来るという。

800Vシステムを搭載するタイカンは、出力270kWの急速充電器で充電すれば、(バッテリー温度などが理想的な状態において)残量5%の状態から、約22分30秒で80%まで回復するという。
ポルシェ タイカンEV 800V急速充電器



→■元記事に




日本ではここまで急にはいかないかもしれませんが、
充電の高速化が進むのは同じです、
ポルシェ タイカンは、運転席と助手席側両方に充電リッド が
設けられていて、地域の充電事情に合わせて
別々の仕様を作って出荷しようとしているようです。

日本では遅い充電器しかないので、中々電気が満充電に
ならないかもしれませんね。
高速のチャデモでタイカンが充電している姿を
見てみたいものです。


ポルシェ ミッションE EV

➡︎◻︎ポルシェタイカン用超急速充電器

日中EV急速充電 規格統一

➡︎◻︎日本と中国はひとまず500V以上を目指す新規格を導入へ


CHADEMO EV充電新規格 

➡︎◻︎EV充電器規格、日本が打った秘策とは?
関連記事
トラックバックURL

http://phev.blog.fc2.com/tb.php/3712-51637cb2

前の記事 次の記事