FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ボルボブランドの初ピュアEVを、日本カーオブザイヤー車「XC40」に設定

ボルボは、EV車の専用ブランドで「ポールスター」
を持っていますが、ボルボブランドでもピュアEVを展開する様です。



ボルボ・カーズはこのほど、日本でも確かな支持を得ているSUV「XC40」にピュアEV仕様を設定し、10月16日に初公開する予定であることを明らかにした。
ボルボEV XC40 EV


 ボルボ・カーズ初の完全電気自動車として登場するEV仕様のXC40は、ボルボにとってまったく新しいチャレンジとなる内燃機関を搭載しないクルマというだけでなく、ボルボの伝統に則った最も安全な自動車の一台になる。


 ボルボ・カーズの安全担当責任者であるマリン・エークホルムは次のようなコメントを発表している。

「自動車を駆動する装置が電気モーターであろうと内燃機関であろうと、ボルボの自動車は安全でなければなりません。完全電動化されたXC40は、これまでに私たちが製造したなかで最も安全な自動車の一台となります。安全性に関する基本的な考え方は、このモデルも他のボルボ車も同じです。車内には乗員がいるので、クルマが乗員にとって安全であるよう設計する必要があります」
ボルボEV XC40 EV


(エンジンを積む)オリジナルのXC40の優れた安全基準に基づいて、ボルボ・カーズのセーフティエンジニアは安全性に対する高い要件を満たす必要がある。そしてエンジンを搭載しない状態でも、他のボルボ車と同じように乗員の安全を確保するため、フロント部分の構造を完全に再設計し、強化している。


 万一の衝突の際には、乗員の安全を確保し、バッテリーの損傷を防ぐ必要がある。そのためボルボ・カーズはXC40の乗員とバッテリーの両方を守るべく、新たに独自の安全構造を開発した。バッテリーは押し出し加工されたアルミニウム製フレームで構成されるセーフティケージで保護され、ボディ構造の中央部に埋め込むことによって、バッテリー周囲のクランプルゾーン(衝撃吸収帯)として形成している。アンダーフロアにバッテリーを搭載すると重心が下がり、横転しにくくなるという利点もある。



 一方、フロント部分だけでなくリヤのボディ構造も強化。電動パワートレインが車体構造に統合することによって、衝突の衝撃をできるだけ分散させてキャビンから遠ざけ、車内の乗員への万一の衝撃を軽減する。

 バッテリー駆動式のXC40は、アクティブセーフティシステムに関する新技術も導入している。XC40には、ボルボ車では初めて、ボルボ・カーズとVeoneer社が所有する合弁会社のZenuityが開発したソフトウェアと新しいアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)センサープラットフォームを採用した。

 この新しいADASプラットフォームは、複数のレーダー、カメラ、超音波センサーで構成される最新の拡張可能なアクティブセーフティシステム。その拡張性によってさらなる技術開発も容易となり、将来の自動運転技術の導入に関する基礎を築くことにもつながる
➡︎◻︎元記事に


これは中々大胆な戦略です。
日本カーオブザイヤーを受賞したばかりのクルマにEVパワートレインを
積んでくるとは!
(あり得なかったですが、もしマツダがCX5で受賞した翌年にEVを出したら売れていたかも!)
但し個人的にはポールスターブランドから出るクルマの方を注目したいです。
何となく今回のXC40 EVには無理矢理感があるからです。


追記
公式に発表されました



予告通り、ボルボは純EV版のXC40「リチャージ」を発表した。ボルボとしては初めての純EVモデルで、ツインモーターの最高出力は407ps、航続距離は400kmと優れた性能を持つ。英国での発売は2020年後半が予定され、発売時の特別仕様車は4万9900ポンド(678万円)になるという。
XC40リチャージは、今後5年間に純EVを5車種リリースする、ボルボの計画に沿った最初の1台。また2025年までに販売台数の半数をEVにすることを目指しており、残りはハイブリッドとなる。5種類の純EVには、「リチャージ」というEVだけに与えられるサブブランド名が与えられる。
ボルボXC40 リチャージ EV



サブブランド名は「リチャージ」だそうです。
「チャージ」じゃなくって「リチャージ」なんですね。
英語のニュアンスは難しいです。
グリルはテスラ同様、空冷を意識していない仕様でのっぺりしています。


ボルボ ポールスター1、2、3

➡︎◻︎ボルボ ポールスターから出るクルマに注目


日本カーオブザイヤー2018〜2019 volvo ボルボXC40

➡︎◻︎昨年の日本カーオブザイヤー ボルボXC40
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する